看護師の転職にオススメな東京の病院ランキングトップ10:各病院の特徴を解説!

看護師の転職にオススメな東京の病院ランキングトップ10:各病院の特徴を解説!

J
JobStep編集部
公開, 更新 ,

東京の病院は非常にたくさんありますが、独自のクリニカルラダー(看護師の能力開発・評価のシステム)を設定している病院が多く、キャリア設計を考えて看護師の技術を磨いていくことができるのが魅力です。

そのため、まずは自分に合った病院に転職を考えることが大切になります。職場環境はもちろん、教育・研修なども事前に十分調べておけば、スムーズに看護師として働き始めることができるでしょう。

以下では、看護師の転職におすすめな東京の病院ランキングトップ10を紹介していきます。

1位、順天堂大学順天堂医院

順天堂大学順天堂医院では、ペンギンシステムと呼ばれる独自の方式で教育を実施しているため、先輩看護師を見習ってぐんぐん成長していくことができるのが特徴です。

院内保育所も完備されており、看護師寮などもあるので、非常に働きやすい環境が魅力です。

2位、慶応義塾大学病院

慶應義塾大学病院では、独自の教育プログラムが行われており、過去5年かけて看護職のための教育プログラムとキャリアパスが構築されてきました。

そのため、キャリアを意識して看護師の仕事をすることができます。子育てしている方でも安心して働けるような環境が整っている病院で、看護師寮は希望者全員が入居できるなど、福利厚生も魅力的です。

3位、東京女子医大病院

大学病院ならではの最新設備が整った病院です。敷地内に24時間対応の保育所があるため、産休・休職明けでも安心して復職することができるのが人気です。

看護師寮が病院近郊に完備されているので、遠方から就職・転職する場合でも安心の環境といえます。

4位、東京慈恵医大病院

専門看護師や認定看護師も多く在籍しており、専門的な看護についての研究を数多く実施されているのが特徴の病院です。様々な専門的看護スキルを経験できるので、しっかりとスキルを磨いていくことができます。

東京慈恵医大病院は平均勤続年数も非常に長いです。また敷地内に看護師寮が完備されているなど、制服のままで通勤が可能です。寮には職員食堂も完備されており安心して暮らすことが出来ます。

5位、聖路加国際病院

明治時代から続く歴史の長い病院が聖路加国際病院です。看護師に対する教育制度も充実しており、スキルアップコースなどの研修プログラム制度もしっかりと構築されています。

急性期看護はもちろん、緩和ケアの看護なども幅広く経験できるため、確実に看護師としてのスキルを磨けるのが魅力です。

6位、東京大学病院

東京都内でも最大規模を誇る東大病院は高度な專門医療を提供している病院です。そのため、看護師もレベルの高い超急性期の看護を経験できるということもあって、高度なスキルを身に付けることができます。

看護技術を身に付けるための制度が充実しているだけではなく、看護師寮のほか、病院職員専用の保育園などもあり、福利厚生はかなり整っているのが魅力です。

7位、国立がんセンター中央病院

国立がんセンター中央病院では、クリニカルラダーによるキャリア開発が行われるなど、非常に力をいれて教育を行っていることが特徴です。

より専門性の高い看護師として活躍できるようなキャリアを積むことが可能です。専門看護師や認定看護師へのステップアップも病院が支援しています。

もちろん、福利厚生施設も完備しており、院内保育園も利用可能です。

8位、東京都多摩総合医療センター

高度專門・急性期医療を提供している病院です。クリニカルラダーが設定されており、毎年レベル別の目標をたてて、その目標達成のために教育や研修が実施されています。

看護師として着実なレベルアップが可能です。ワークライフバランスも充実させており、24時間対応してくれる保育室をはじめとして、勤務時間などもきちんと調整してくれるので、お子様がいる家庭などでも安心して働くことができます。

9位、虎の門病院

患者さん中心の看護を展開するために病院独自に業務量を測定し、看護レベルの適正化を図っているのが特徴です。既卒の中途入職看護師も新人コースを受講して歓喜技術や知識を再確認できる環境が整っています。

そのため、転職の方でも安心して病院で看護師として働けるのが魅力です。希望者には看護師寮も完備されているなど、福利厚生も充実しています。

10位、杏林大学病院

多摩地域における唯一の大学病院で、高度医療を提供しているのが杏林大学病院です。看護外来も開設されており、病院独自のクリニカルラダーを用いて看護師の教育がなされています。

院内認定制度を導入して看護の質の向上を図るなど、キャリア開発も積極的に行われていることが特徴です。