眼科で働く看護師の業務内容は?夜勤がなく、肉体的負担が少ない

眼科で働く看護師の業務内容は?夜勤がなく、肉体的負担が少ない

J
JobStep編集部
公開, 更新 ,

眼科の看護師は、主に視力検査や投薬説明をおこなうことになります。入院するケースは珍しいため、夜勤はほとんどなく、肉体的負担が少ないのが特徴です。

ただし日勤勤務のみになるため、給与は安くなる傾向があります。専門的な仕事になるため、看護師としてスキル・知識を増やしたい人にも、おすすめの職種といえるでしょう。

そんな眼科で働く看護師の仕事内容・給与・休暇を含め、やりがいなどについて紹介していきます。

眼科で働く看護師の現状

眼科は、他の科と比べると重症度の患者が少ない職場になります。入院施設を併設している病院も少ないので、夜勤・残業もほとんどありません。そのため眼科で働く看護師も少ないです。

専門知識は身につきますが、技術面では低下してしまうこともあります。一方で、身体への負担が少ないので、子育て中の人や長いブランク後に復帰する看護師には最適の職場でもあります。

多くの場合、日勤のみの勤務が多いですが、さまざまな面で融通の利きやすい職場でもあります。

眼科看護師の特徴

眼科看護師になれば、専門知識を身につけることができます。検査機器の扱い方・検査方法など多くの知識を学ぶことができ、点眼方法の指導・治療などの説明補助をすることが増えてきます。常に患者とのコミュニケーションが大切となり、眼科の知識を深いものとして習得することができます。

眼科の多くは、個人経営などのクリニックなどが多いため、入院施設を持たないところが多いです。基本的には夜勤がないので、日勤のみを希望する看護師にとっては、働きやすい職場といえるでしょう。とくに子育て中の人にとっては、ありがたい職場でもあります。

上記でもお伝えしたように、働きやすい職場であるため離職率も低くなっていることも、特徴の1つです。

眼科の仕事内容は?

眼科での仕事内容には、次に挙げる内容が主な仕事です。

  • 視力検査
  • 眼圧、眼底検査
  • 処置の介助
  • 点眼
  • 洗浄
  • 手術前検査
  • 移動介助
  • 医師の診察補助
  • 採血、点滴

外来では、点眼などの処置が求められますが、薬などの種類は少ないので、覚えるのは、それほど難しくはありません。

ただし患者によって、禁忌の薬もあるため、確認をすることは必須です。とくに緑内障や眼圧の高い患者などは、点眼薬・飲み薬・点滴などの薬剤により、悪化してしまうこともあります。

一度失明してしまったら、もう治療で治すことはできません。責任の思い仕事ともいえるでしょう。

さらに眼科患者の年齢幅は広いです。小さな子どもから高齢者までが対象となるので、1人ひとりに応じた対応が求められます。臨機応変に対応できるコミュニケーション力が求められるでしょう。

入院施設が併用されてるクリニックの場合は?

入院施設が併用されてるクリニックの場合、入院手続き・手術室との連携などの業務も必要となります。最近では、白内障手術では日帰りがほとんどですが、両目の手術を受けるときは入院する場合も。緑内障・網膜剥離・硝子体などの手術を受ける場合、2~3週間の入院になることもあります。

その間のバイタル測定・目薬・飲み薬の管理・食事配膳などの業務をおこなうことがあります。

手術室での勤務がある場合は、手術器具の準備なども看護師が行います。スムーズに手術が行えるように器具の消毒・滅菌、手術室の準備など仕事量は多くなります。

他クリニックと比べると、仕事内容が特殊なところが多いですが、専門的知識が身につけられるので、スキルアップができます。

眼科看護師の給与はどれくらい?

眼科看護師の給与は、クリニックと入院施設が併設されてる病院とでは異なってきます。

平均的給与は、20万円~25万円前後が多いです。また夜勤手当が加算されると25万円~30万円近いお金を手にすることも可能です。特殊な手術が行われる施設では、看護師の給与が高いこともあります。レーシック手術が行われると、病院の利益も多いため、給与・賞与面にも反映されてきます。

眼科で働く看護師の休暇はどれくらい?

眼科で働く看護師の休暇は、平均で108日~120日前後でしょう。

4週8休もしくは4週6休とところもあります。最近では毎週木曜日に休診するクリニックも増えており、木曜日・日祝日および土曜日午後休診のところもあります。

その他には、夏季休暇・年末年始・慶弔休暇などがあります。バースデー休暇があったり、長年勤務された方にアニバーサリー休暇などの取得ができるクリニックや病院もあります。

そして入社6か月すれば有給休暇が発生します。最初は10日付与となり、勤務年数が長くなるほど有給も増えてきます。入院施設が併設されている病院・クリックの場合は、代休取得が可能なところもありますので、そうなると年間休暇取得日数も増えてきます。

眼科で働くメリットは?

眼科で働くメリットには、次のものが挙げられます。

  • 専門知識が身につく
  • 肉体的負担が少ない
  • 夜勤がないことが多い

特別な仕事内容が多いので、眼科ならではの専門的知識を身につけることができます。上記でもお伝えしたように、検査機器の使用方法や検査方法などの知識を学ぶことができます。

入浴介助や食事介助などの肉体的負担が少ないために、体力的な負担も少なくて済むのがメリットです。また、急変される患者も殆ど居ないので精神的にも大きな負担は少ないです。

さらに夜勤もないため、生活リズムが大きく崩れてしまい、体調を壊すことも少ないでしょう。

眼科で働くデメリットは?

眼科で働くデメリットには、次のことが挙げられます。

  • 給与面で前職よりも少なくなる可能性がある
  • 眼科の専門知識が多いので、技術面や応用力が乏しくなる
  • 仕事内容の量が多いので、覚えることが増える

他の診療科と比べると、夜勤がなかったりするので給与面で下がる可能性がありますが、レーシックなど特殊な診療を行っているところでは、平均的給与より高い場合もあります。

また眼科では、専門知識を学ぶことはできますが、他診療科で応用が利きにくい場合もあります。転職を検討する場合には、慎重に考えられることをおすすめします。

仕事内容の量が多いため、業務範囲が広範囲に及びます。一般的な看護業務のほかに、検査や手術介助や補助、入退院の手続きなど幅広いサポートが求められるので、様々な業務をこなさなければなりません。

まずは転職サイトで、求人チェックをしてみて

おすすめの転職サイトは、マイナビ看護師です。

マイナビ看護師では、医療機関ごとに担当者がいるため、求人情報をいち早くキャッチアップ。採用状況や、職場体制の把握、欲しい人材についての理解が深いため、転職後のギャップや、内定がもらえないといったことは引き起こりにくいです。

また株式会社マイナビでは、マイナビ看護師以外にも、マイナビDOCTOR・マイナビ薬剤師・マイナビコメディカルといった医療特化の求人サイトを運営しているため、医療業界の転職支援には、豊富な知識・実績はあります。

あなた専用のプロのアドバイザーが、理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場を紹介してくれます。履歴書添削や面接対策もおこなってくれるため、はじめて転職をおこなう人も安心して活用できます。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみるのがいいでしょう。

マイナビ看護師に登録する(無料)