看護留学の気になるポイントまとめ:種類、費用、おすすめの国、給料など

看護留学の気になるポイントまとめ:種類、費用、おすすめの国、給料など

J
JobStep編集部
公開, 更新 ,

看護留学についてご存知ですか?

「看護師とした幅を広げたい」、「海外の看護について知りたい」、「英語を勉強したい」、「外国でお金を稼いでみたい」、そんな願いをかなえるのが看護師の海外留学です。

看護留学をサポートする団体や会社はたくさんありますが、今回は、看護留学の実態・メリット・注意点などにも言及しながら紹介していきます。

看護留学とは

看護師の業界でも、スキルアップのために海外の研修に参加する方や、海外の看護師資格を取ろうとする方が増えてきているようです。

そもそも看護留学とは、日本での看護師資格を活かし、海外での病院や介護施設でアシスタントナース(AIN)として、給料のある有給の状態で働くことが出来るというプログラムのこと。その間に出る給料は、現地でのスタンダードの金額が適用されます。

英語を使って現地スタッフと一緒に医療現場で働く体験は、今後も医療に携わっていく身としてはとても貴重な経験になるでしょう。

看護留学の主な目的

看護留学に行く看護師が目的としていることは、主に以下の内容です。

海外の医療現場を見る

日本の医療現場のレベルも高いですが、分野ごとに日本よりも高度な医療を施している国ももちろん多くあります。例えば北欧の福祉や、ニュージーランドの介護などは世界的にも有名です。

実際の医療現場を見るためには、インターンシップへの参加がおすすめです。

医療英語を学ぶ

日常会話から症状の説明でよく使われる表現など、医療の現場で使用されている英語を学ぶことができます。

日本でも国際化が進んでいるため、英語が話せる看護師は重宝される存在です。特に都市部での病院ではキャリアアップに有利になることが見込まれます。

国際的な看護師資格を取得する

海外で看護師として働くなら、各国の看護師資格が必要です。資格取得のために現地の学校に通って、現地の看護師免許を取得することになりますが、イギリス、ニュージーランド、オーストラリアなどでは、日本の看護師資格があれば優遇処置を受けられるので、留学という短い期間でも資格を取得することができます。

なお、留学時の看護行為については日本の看護師資格で問題ありません。

看護留学におすすめの国

看護留学におすすめの国を紹介します。

アメリカ合衆国

日本人にとってはなじみ深い国であるアメリカ。英語が通じるので、生活に負担を感じにくいでしょう。医療のレベルも高いです。

トランプ政権以降の情勢は微妙なところもありますが、両海岸の都市部であれば、多様な人種・国籍の人が生活しているので、外国人としての違和感を感じにくいことも特徴です。

カナダ

カナダは福祉制度が充実している国として有名です。アメリカと同様に英語が通じます。

アメリカよりも治安がよく、移民にフレンドリーな国であるため、寒さを除けば生活もしやすいでしょう。

イギリス

イギリスは看護学のレベルが高いことで知られています。

経験者であれば20日間の大学講義と臨床実習で現地の看護師資格が取得できるので、この点も魅力的。

ヨーロッパの国の中では治安もいい方です。

フィンランド

福祉に関して学ぶなら、世界トップクラスの福祉大国フィンランドが最適。

高齢化社会が進む日本にノウハウを持ち帰りましょう。

オーストラリア

オーストラリアを留学先に選択する人はとても多いようです。

国際看護師を目指すならオーストラリアが一番良いでしょう。条件を満たせば永住権ビザがおりるのも魅力的です。

ニュージーランド

世界的に進んだ介護医療の国で、トップの介護医療を学ぶことができます。

オーストラリアの免許にも書き換えができるのがうれしいですね。

イタリア

イタリアは精神医療がとても進んでおり、地域中心型の精神医療が成功したと言われています。

ドイツ

ドイツは心臓外科が進んでいます。医療先進国の中で、進んだ看護を学ぶことが出来るでしょう。

看護留学のメリット

看護留学にいくことでしか得られないメリットもあります。

働きながら英語力を磨ける

もちろん、留学先では日本語は通じませんから、現地の言葉を使ってしゃべることになります。

日常会話だけでなく、医療用語や説明も英語などで行うことになるでしょう。

つまり、医療・看護のノウハウを学びながら、英語やイタリア語、ドイツ語などの外国語を学ぶことが出来ます。

給料の相場が高い

看護留学のもう一つの魅力は、高い水準の給料。

看護師はどの国でも人手不足なのは変わらないらしく、かなりの売り手市場で、看護留学でやってきた日本人にも、現地のスタンダードの報酬が支払われることになります。

時給が3000円といったケースも珍しくありません。

また、看護師の地位も日本より高いです。ワーキングホリデーなどの制度も利用しながら、海外で勉強と仕事を同時に出来るというのは大きな魅力です。

留学の時の注意点

留学する前に特に注意したほうがいいことについてまとめました。

身の丈にあった留学プランを選ぶ

留学エージェンシーを慎重に選ぶために、現地での対応はどうか、料金はどうかなど、いくつかのエージェンシーを徹底的に比較して決めましょう。

たくさんのエージェントがあるので迷ってしまいそうですが、良心的なエージェントに出会えるかどうかで留学そのものがかなり変わってきます。

また、日本に窓口があるエージェントは費用が高額になる傾向があるようです。

語学力をつけておく

留学先の言語の習得は早ければ早い方が良いです。

看護留学をする前に、先に現地へ行って語学留学をしながら看護留学先を探すという手もあります。

将来その国での就職を考える場合には、一定以上の語学のスキルが求められますので、言語の習得も視野にいれながら、看護留学について計画しましょう。

看護留学についてまとめ

看護留学を受け入れている国や、看護留学をする際のメリット、注意点についてまとめてきました。

看護留学があなた自身を成長させることは間違いありませんが、悔いのないようにきちんと計画だてて看護留学を実行しましょう。