精神科で働く看護師の業務内容、役割、メリットは?特徴を解説

精神科で働く看護師の業務内容、役割、メリットは?特徴を解説

J
JobStep編集部
公開, 更新 ,

現在、発達障がいの疑い、および確定診断済の人は年々増加傾向にあります。発達障がいをもつ子供の療育手帳を取得する場合には、精神科医師の診断が必要です。さらに、認知症高齢者の治療および療養施設としても精神科は大きな役割を担っており、それに伴い、精神科のニーズが高まりました。

同様に精神科の看護師の求人も増加しているので、転職先の候補に精神科を考える看護師も増えてきています。そこで、今回は精神科看護師の役割と特徴、注意点についてご紹介します。

精神科を転職先に考えている方にぜひ利用してほしいのが、マイナビ看護師です。看護師に特化した転職サイトなので、精神科だけでも多くの求人を用意しており、その中で自分の条件に合った転職先を見つけることができます。

マイナビ看護師に登録する(無料)

精神科の仕事と特徴

精神科とは、その名の通り精神疾患を抱える患者さんが訪れるところです。統合失調症・双極性障害(うつ病)・適応障害・パニック障害・強迫性障害・解離性障害・摂食障害・睡眠障害・パーソナリティー障害・性同一性障害・発達障害・アルコール依存症・薬物依存症などの病を抱えた人が利用をする診療科となっています。

精神科医は、まず患者とじっくり話しをします。身体だけではなく脳や心の病気のため、初心に1時間以上かける場合も。そこで診察し、薬物療法や認知療法を治療していきます。

精神疾患に苦しむ患者は長期療養を必要とする場合がほとんどで、入院するパターンが非常に多く、平均在院日数は456日であることが分かっています。

精神科看護師の役割

精神科の看護師は、一般病棟の看護師と同様に、医師の診察補助が主です。注射や点滴などの機会は少ないでしょう。

上記の通り、精神科は長期の入院をしている患者が多くいます。また、食事・トイレ・入浴・なども自立できていて、一見健康な人と変わらない人も多いため、病棟は治療の場というより生活の場になっている場合も多いです。

このことから精神科看護師は、患者にかわって家族や後見人と連絡をとりあったり、世間話をしたり、季節の行事を楽しめるように工夫をしたりと、施設看護師か寮母のような役割を担うことが多くなります。患者と寄り添う時間が非常に多いことが特徴です。他科の場合は、検査やケアのために患者と接することが多いですが、精神科の看護師は患者とじっくりと向き合って信頼関係を築き、医療行為を補助することが必要です。

大事なのはコミュニケーション能力。他の科と違い診察や診断を医師がしても数値化がされないため、見分けるのが難しいです。結果として、精神科の看護師には、ちょっとした仕草や表情の変化から患者の感情を読み取ることが求められます。患者は、精神が不安定な状態のため、そのような患者に対してどのように接するのかを常に考え、看護ケアをおこなわなければいけないのが、精神科看護師の仕事です。

精神科看護師の特徴

精神科の看護師と他の科の看護師を比べた場合、どのような特徴があるでしょうか。以下では3つの違いをご紹介します。

さまざまな勤務形態がある

精神科は、ビジネス街の中心にあるおしゃれなクリニックから、訪問看護、急性期病棟まで、さまざまな職場形態・働き方があります。

17時ぴったりに定時帰りが可能な職場、夜勤なしの職場、子育て中の看護師に理解のある職場も多いです。

医療技術を含め、スキルアップしたいなら急性期病棟、最新の心理療法を勉強したいなら新しいクリニック、こどもの学校行事や保育園の迎えがあるママナースは残業のないクリニックや慢性期病棟、といった具合に、家庭の事情や興味のある疾患、めざしたい看護師像にあわせて自分の職場を選べます。

男性看護師が多く活躍している

精神科の患者のなかには、妄想や幻覚、幻聴が強い方がいます。職員への暴力・暴言がある場合もあり、その際は患者を抑止する必要があります。

若い男性患者などは、女性看護師では抑止できないこともあるため、精神科病棟、特に急性期では男性看護師も多く活躍しています。

最近はほとんどの診療科で男性看護師が働いていますが、ひとむかし前には男性看護師の就職先は精神科か整形外科、と言われていた様に、精神科病棟での男性看護師のニーズは時代がかわっても堅調です。

もちろん上司や同僚にも男性看護師が多いので、女性の上司や先輩に相談しにくいことも相談しやすいという利点もあるかもしれません。

管理する薬の量と種類が多い

精神疾患の患者さんのほとんどが投薬治療を受けています。精神科の看護師と一般診療科看護師との大きな違いのひとつが、管理する薬の量と種類が多く、管理が厳密なことでしょう。

向精神薬だけでもさまざまな種類があり、次々に新しいジェネリックが出ます。どれが何の薬なのかひとつひとつ説明を求める患者さんも多いため、薬に関する膨大な量の知識が必要です。

また妄想などから拒薬のある患者さんも多いですが、指示された薬は確実に内服してもらわなければならないので、場合によっては内服後に口内を確認することもあります。

誤薬は特に重大なインシデントなので、(もちろん他科でもそれは変わりませんが)うっかり薬が床に落ちてしまった場合などは、職員総出で探し回ることもあります。

精神科看護師として働くメリット

精神科で働くメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。以下では3つのメリットを紹介します。

残業がない

精神科では残業が少なく、落ち着いて仕事ができます。急患がなく、一般病棟のように激務ではないことがメリットとしてあげられます。

これは精神科が命に関わる急務がなく、精神を長期的に安定させていくことがメインの仕事になるからです。

また残業がないため、他の病院では厳しい、家庭と看護師の仕事の両立を実現できるのも精神科看護師の特徴です。保育園に子どもを預けて定時で退社し、仕事帰りに保育園へ迎えに行くという人も多いようです。

患者に寄り添って仕事ができる

一般病棟のような決まった医療補助だけではなく、患者さんとのコミュニケーションを大切にしながら看護ができるというメリットがあります。

精神科の患者は長期療養の場合が多く、病の解決方法は人によってさまざまです。そのため、ひとりひとりと時間をかけて接することができます。

ほかの病院では、業務が多く、時間も限られているので、あまりひとりに対して時間がかけられないという場合がほとんどですが、精神科では、しっかり患者に寄り添って仕事ができます。

精神看護は奥が深いとよく言われており、誰かのために寄り添いながら病気を治療していきたいと考えている人に向いているでしょう。

精神科看護や心理学を専門的に学べる

目に見えない病と言われている精神病。この治療法を見つけるには、変化に敏感な観察力や行き届いた洞察力が必要です。

精神科で仕事をすることで、看護師として大切なスキルを伸ばしていくことができます。また患者の心理的な部分まで理解する必要があるので、心理学を学ぶ人も多いようです。

さらに心理学を実践して学ぶことで、看護師としてできる仕事の幅が広がったり仕事の視野が広くなったり精神科だけでなく、他の看護業務にも活かすことができます。

精神科看護師の注意点

精神科の看護師に特有の注意点は、主に次の3つです。以下ではその3つの注意点を紹介します。

看護師自身の精神的安定が不可欠

特徴の2でも述べた通り、精神科の患者は状態によっては職員への暴言や暴力がある方もいますし、悲観的な言動が目立つ患者も多いです。精神的に安定していない場合が多いので、患者と十分に信頼関係を築くことができないと、コミュニケーションがとれない可能性があります。

ネガティブな言動を症状のひとつと捉えられず、同じようにネガティブになってしまいがちな人は、特に注意が必要です。もし暴言を吐かれたとしても、聞き流しておくくらいの気持ちの余裕も必要です。患者とのコミュニケーションが得意でない場合には、病棟でケアをおこなうことのが、苦痛になってしまうというデメリットがあるので注意が必要です。

常々、看護師自身の精神的安定につとめ、患者の暴言やネガティブ言動にふりまわされないことが一般科以上に必要とされます。

患者から暴言を吐かれてしまったことによって、自分が精神的に追い込まれてしまうという方も少なくありません。そのため、精神科で働く看護師には強い精神力が必要となります。きちんと自分の精神をコントロールする技術が求められるので、得意でないと自覚がある人には向いていない仕事と言えるでしょう。

患者への言葉がけには細心の注意が必要

精神科の患者は、精神科看護師の役割でも述べたように、見た目では病気や障がいがわかりにくいことに加え、病状が血液検査などのデータ・数値ではかりにくいことが多いです。

精神科看護師はそういった病状がデータで分かりにくいなか、患者のちょっとした表情や行動、言動の変化からちょっと調子がわるそう、いつもと様子が違う、などの異常を察知しなければいけません。

また、自殺企図のある患者も少なくないため、職員の言動が自殺の引き金になってしまうこともあります。

患者の体調や心の状態が良好な時はなんとも思われなかった声かけが、心身が不安定になった途端に命取りになる場合もあるため、精神科の看護師は患者の様子をよく観察し、言葉かけには細心の注意を払う必要があります。

知識やスキルが偏ってしまう

精神科では、他の一般科とは違って患者さんの「心」を扱うことが仕事となります。容態が急変するということもほとんどありません。

そのため、精神科では一般的な看護師としての知識やスキルが習得しづらくなっています。

後エバ、採血をする、手術のサポートをするなどの一般的な医療処置を行うということもあまりありません。このデメリットはメリットと表裏一体の関係になっていますが、将来において働くことができる診療科の範囲が狭くなってしまうことは考えられるでしょう。

やりがいのある精神科看護師へ転職するなら

精神科看護師は、一般診療科の看護師以上に知識量や精神力が求められることが多い職業です。特に精神科は、患者さんと看護師とのやり取りが病状回復を左右する仕事なので責任も大きいです。

しかし、その分そこから得られるやりがいや経験も大きいでしょう。また、精神科は残業が少ないということも働く上での大きなポイントです。

そこで、精神科への転職を考えている方におすすめなのがマイナビ看護師という転職サイトです。

業界最大級の求人数をほこっており、プロのアドバイザーがあなたの気になる職場の雰囲気や評判などの内部情報について詳しく教えてくれるので安心。簡単に登録できるので気になる方はチェックしてみてください。

マイナビ看護師に登録する(無料)