保育園看護師の仕事内容と働き方を紹介:残業なしで土日休みのホワイトな仕事

保育園看護師の仕事内容と働き方を紹介:残業なしで土日休みのホワイトな仕事

J
JobStep編集部
公開, 更新 ,

保育園で働く看護師さんがいることをご存知ですか?

身体の弱い子やアレルギーを持っている子、慢性疾患の子たちも、安心して保育園に通えるようにと、0歳児が6人以上いる認可保育園では、看護師1人を保育士1人として見なすことが出来るのです。

一般病棟看護師の勤務形態に合わず、転職を考えている方は、取得した看護師免許を保育園で活かす道も検討してみてはいかがでしょうか?

看護師専門の転職サイト「マイナビ看護師」では、自分の希望にあった職場を見つけることができます。ぜひ登録して求人情報をチェックしてみてください。

マイナビ看護師に登録する(無料)

保育園看護師って?

全国保育園保健師看護師連絡会が発足した1990年以降、保育園で働く看護師さんの数は徐々に増加傾向にあります。

ここ数年は厚生労働省が私立保育園への看護師配置を促進していることもあり、保育園看護師の求人は増加中。

2010年には全国23,000カ所以上の認可保育園のうち、看護師が在籍する施設は約30%を占めているとされています。

では、保育園で働く看護師さんは、具体的にいったいどのような仕事をしているのでしょうか。

次の項目では、実際に保育園に勤めている看護師さんのタイムスケジュールを基に紹介していきます。

仕事の内容は?

保育園で働いている看護師さんの仕事は、主に6つあります。

1.健康管理

園児(主に0歳児)の健康管理を行います。検温・視診・服薬介助などが基本になります。

2.応急処置

園児の病気やケガに対する応急処置を行います。医療機関との連携も看護師の大事な役割です。

子どもが怪我をした時や、具合が悪くなった時に病院に搬送するかどうかの判断も看護師が行います。

3.病後児保育の対応

病気を患っている子どもや、病気の回復期の子どもは通常よりも気にかけることが多いため、専門のスペースなどで保育やケアを行います。

看護師としてのスキルを活かし、食べるものや服用する薬にも気遣います。

4.保育士のサポート

保育園では、子どもたちが遊ぶ時間やお昼寝の時間が多く設けられています。

そのような場面では、保育士だけでなく、看護師も一緒に園児の遊び相手や世話をします。

5.保護者のメンタルケア

保護者のメンタルケアや教育のアドバイスも看護師の役割です。

日中子どもたちを一人一人見ていて気づいたことや、体調に関して気をつけて欲しいことなどを子どもの親に伝えます。

また小さな子どもを持つ親ならば誰しも悩みやストレスを抱えています。そのような方々に対してのケアや入念なアドバイスも重要になってきます。

6.衛生指導

保護者への衛生指導、疾病予防指導、ほけん便りなどの配布なども行います。

保育園は集団で生活を送る場所なので、感染症やインフルエンザなどが蔓延しやすい環境です。

症状や留意点を子どもたちだけでなく、親にも指導し、病気が広がるのを防ぎます。

一日のタイムスケジュール

08:20 出勤

08:25 ミーティング(保育士と連絡事項を確認し、体調に変化のある子どもやお休みの子どもを周知しあう)

08:30 乳幼児のバイタルチェック(0歳児クラスのバイタルチェックをし、連絡帳の内容を確認)ここで朝の会が行われます。

09:30 保育補助業務(おむつ交換や授乳など)

11:10 入室準備(お外で遊んだ子どもたちの足などを洗います)

12:30 子どもたちがお昼寝をしている間に昼食と休憩をとり、連絡帳などの記入を行います。

15:00 子どもたちが起床したら再度バイタルチェック。お菓子を食べる時の補助を行います。

15:30 保育補助業務

16:00 退勤

これが、保育園で働く看護師の一日の例です。

保育園看護師のメリット

仕事内容とスケジュールを把握したところで、次は保育園看護師の特徴をメリット・デメリットに分けて見ていきましょう。

まず、保育園看護師としてのメリットはどういった点にあるのでしょうか。

週末休み・残業なしの働きやすさ

保育園というと残業が多いイメージがありますが、保育園看護師は担任を持たず、子どもたちが帰ってからの仕事がほとんどないうえに、イベント準備などにも携わらないので、労働条件はホワイトです。

シフト勤務の場合が多く、基本的に1日8時間勤務、出勤日は月~金曜で土日祝日はきちんと休みがとれる、という点が特徴になります。週末にしっかりと家族との時間が取れるため、結婚や出産を機に保育園での勤務にシフトしたり、ブランク明けの復職先として保育園を選択する人もいます。

園の医療環境に責任を持つためやりがいがある

保育園に配置される看護師は基本的に1施設につき1人なので、有事の際は自分ひとりの責任と裁量で対応にあたります。

病院看護師のように誰かの指示に従って業務を行う働き方とは大きく異なるため、仕事にやりがいを感じる人も多いです。

子育ての経験が活かせる

看護師の経験を持ちながら、子どもが生まれてから退職してしまったという方もたくさんいるでしょう。

そこで子育てが落ち着いてから、自分の子育ての経験と看護師のスキルの両方を活かして働くことができるのが保育園勤務の看護師です。

自分の子育て経験をダイレクトに仕事に還元できるので、やりがいやスキルアップを実感できます。

保育園看護師のデメリット

次に保育園勤務の看護師のデメリットについて見てみましょう。

年収が低い

通常の病院勤務の看護師と比べて、その年収は下がります。

内閣府の調査によると、病院に勤務する看護師の平均年収が約470万円と言われるのに対して、保育園に勤務する看護師の平均年収は約335万円となっています。

同じ保育園内の同僚保育士と比べると、保育園看護師は月給にして数万円程度が上乗せされるケースが多いですが、病院勤務の保育士と比べると労働時間が短く、夜勤手当などもないので必然的に給与は下がってしまいます。

保育業務にも従事する必要がある

保育園看護師は、子どもに医療行為を施すだけでなく、保育士のサポートとして子どもの面倒を見る業務を行う必要があります。

成人を相手に看護業務をこなして人にとっては、臨機応変に子どもの世話をしなければいけない環境はやりづらい場合があるかもしれません。

また、保護者と良好な関係性を築くことも必要です。

求められる適性は?

では、そんな保育園看護師に求められる適性にはどんなものがあるのでしょうか。

子ども好き

先述したように、一日中子どもと接する仕事なので、子ども好きでないときついかもしれません。

子どもの健康や安全を守る重要な存在なので、子どもに対する愛情が鍵になります。

的確な判断力

保育園では常にトラブルやイレギュラー対応に出くわします。さっき笑っていた子がいきなり泣き出したり、気付いたら熱を出していたりなんてことも頻繁にあります。

そういった場合にきちんと気付くことができる状況把握能力、体調が変化したときに冷静に対応できる判断能力が求められます。

小児科や自宅での子育て経験がある

子育ての経験は、保育の現場でも役立てることができます。

また、小児科で勤務していた経験があると、保育園での勤務にスムーズに溶けこめるでしょう。

コミュニケーション能力

子どもに対してだけでなく、その保護者や同僚とも円滑なコミュニケーションを取るために必要です。

子どもに対して優しく、わかりやすく話すということは、保育園勤務に欠かせないポイントです。

パソコンスキル

保育だよりや日報などを作成する際に必要になります。

保護者や担当の先生にわかりやすく、かつ見やすい資料を作るためにパソコンのスキルがあると困らないでしょう。

保育園看護師を目指すならマイナビ看護師がおすすめ

保育園看護師について知った上で、保育園での看護師への転職を検討している方には、看護師専門の大手求人サイト「マイナビ看護師」がおすすめです。

マイナビ看護師は圧倒的な求人数を誇る看護師専門の転職サイトで、条件にあった保育園看護師の求人を見つけることができるでしょう。

登録はすべて無料なので、まずは登録して通勤圏内で募集されている保育園看護師の求人を探してみましょう。

マイナビ看護師に登録する(無料)