デイサービス看護師の仕事内容と働き方を紹介:コミュニケーションをとるのが好きな人におすすめ

デイサービス看護師の仕事内容と働き方を紹介:コミュニケーションをとるのが好きな人におすすめ

J
JobStep編集部
公開, 更新 ,

デイサービスとは、寝たきりではないお年寄りが、日中にレクリエーションやリハビリをおこないながら、体と頭の機能を維持し向上させるための施設。

体は健康でも家に引きこもりがちになる高齢者たちが日中だけ通ってきて、楽しみながら過ごす場所です。食事や入浴などの生活の一部を、設備の整った施設で職員の介助によって行うことで、家族の負担を軽減することもできます。

以下では、そんなデイサービスで働く看護師の仕事内容と働き方を紹介します。

デイサービスでの看護師の仕事とは?

デイサービスの仕事は、主に下記になります。

  • バスなどでの送迎
  • バイタルなどの健康管理
  • リハビリ
  • レクリエーション
  • 食事
  • 入浴

ほかにも下記のような仕事もあります。

利用者の健康管理

看護師が担当する利用者の健康管理。デイサービスでは利用者に対する食事や入浴、排泄などの生活の介助、機能訓練や、バイタルチェック、服薬管理、口腔ケアなどをおこないます。急患で運ばれる患者などはいないので注射や点滴といった医療行為をおこなう機会はほとんどなく、利用者の健康管理をすることが主な業務です。

大切なのは、利用者をよく観察することです。お年寄りはいつ体調が悪くなってしまうかわかりませんから、常に気を配って健康状態の変化や異変に気付き、適切な処置を行う力が必要になります。

応急的な医療処置

デイサービスの利用者は高齢者なので、思わぬケガをしたり、容態が急変したりすることがあります。そのような場合に、応急的な医療処置を施して、病院に連絡するなどの対応をすることもデイサービス看護師の仕事です。

医療職の従事者が自分一人だけという状況もあり得るので、冷静に適切な判断をすることが求められます。

利用者や利用者とのコミュニケーション

入浴の可否や、病院の受診が必要どうか、施設の利用者に話すことや家族への説明なども看護師の仕事です。

医療者として家族からの相談に親身に答えることが求められます。

介護職員への指導

介護施設内で働いている介護士に、医療面でのアドバイスや指導をおこなうこともデイサービス看護師の仕事です。

実際に現場で利用者の対応をすることが多いのは介護士なので、初歩的かつ一般的な医療知識や利用者ごとの病状と適切な対応方法などを事前に共有することで、インシデントを避けて、利用者に快適に過ごしてもらうための環境をつくる必要があります。

看護師がデイサービス勤務するメリット

それでは看護師がデイサービスで働くメリットはどこにあるのでしょうか。

勤務形態

デイサービスで働くことのいちばんのメリットは、勤務時間が日勤のみとなっているところです。朝に出勤して夕方に退勤し、土日祝日は休みを取ることができます。病院勤務は夜勤もあり生活リズムが不規則になりがちですが、デイサービスの勤務はブランク明けの看護師でも復帰しやすい職場と言えます。

仕事量も残業をしないで済む程度で、休みも固定で決められている場合が多いので、育児や家庭と仕事を両立させて働きたいと考えている方におすすめです。

リラックスした空気

医療の第一線の現場と違い、緊迫した空気や、精神的・肉体的な疲労が少ないことも挙げられます。利用者は高齢者とはいえデイサービスで運動できる程度の健康状態なので、命にかかわるような深刻な病気やトラブルに出会うことはほとんどありません。

事故や容態の急変などの突発的なトラブルも稀で、ゆったりと構えることができます。

そして利用者との会話をたくさん楽しむことができます。1人ひとりの利用者の人とじっくりと対話することができるので、人と触れ合うことが好きな看護師には絶好の仕事といえます。

もちろん、看護師の仕事はとてもやりがいがあるものです。利用者やその家族だけでなく、ヘルパーやケアマネージャーなどのスタッフからも頼りにされる点もメリットに含まれるでしょう。

看護師が、デイサービス勤務するデメリット

給与の低下

デイサービスで働くことのデメリットとして挙げられるのが、労働条件の負担が少ない分、給料が安くなる可能性があることです。

看護師の平均年収が約470万円であるのに対して、デイサービスで働く看護師の年収は約350万円程度と、病院勤務に比べて少なくなります。これは夜勤手当がなくなることがいちばんの原因です。とはいえ、一般的な事務職や介護職と比べると高水準ではあります。

仕事の幅が広い

勤務する場所は病院ではなく、介護福祉施設になるため、本来であれば看護師がやらない業務もおこなうことになります。たとえばレクリエーションでの手伝い、介護の手助けや、施設の事務仕事もすることがあり、看護業務以外の仕事をする場面が増えます。

そのため看護師としての仕事に専念したいと考えている方には向かない可能性があります。似たようなポイントで、介護士と似たような仕事が多いというところもあります。力仕事なども覚悟しておく必要があるといえるでしょう。

看護師としての技術が下がる

最後に、看護師としての腕がなまってしまう可能性もあります。病院勤務ではこなさなければならない業務が多い、重症の患者さんの手当てをする機会はほとんどありません。そのため、最先端の医療技術に触れる機会や、医療行為を行う機会もなくなります。

医療現場から離れるので、技能などが衰える場合があります。看護師としてバリバリ働きながらスキルアップを目指したいと考えている人には向かないでしょう。

デイサービス看護師に向いている人

最後に、デイサービスに向いている人の特徴についてまとめます。

コミュニケーションをとるのが好きな人

デイサービスに向いているのは、コミュニケーションをとるのが好きな人、人と触れ合うのが楽しいと感じる人です。

ひとりひとりの利用者やまたその家族ときちんとコミュニケーションがとれることが大事で、利用者と交流しながら異変がないかを確認する仕事なので、会話やふれあうことが好きな人におすすめです。

適切な意思決定が出来る人

デイサービスには病院と異なり常に医師が在中しているわけではありません。利用者は高齢者の方が多く異変が起きる可能性も少なくありません。そうした不測の自体に対して看護師として適切な判断をすばやく行う必要があります。

また、そうした異変にすぐ気づけるよう、いつも気にかける能力が必要です。

デイサービスに転職したい人はマイナビ看護師がおすすめ!

デイサービスを転職先としたいと考える方にはマイナビ看護師をオススメします。

圧倒的なネットワークを持っているので、簡単に自分の理想に近い転職先にたどり着けます。登録も短時間、無料でできるので、転職を考えている方は今すぐチェックしてみるのがおすすめです。

非公開求人も多いのでぜひ一度登録してみてください。

マイナビ看護師に登録する(無料)