企業看護師(産業看護師)の仕事内容と働き方を紹介:ホワイトかつキャリアアップも目指せる

企業看護師(産業看護師)の仕事内容と働き方を紹介:ホワイトかつキャリアアップも目指せる

J
JobStep編集部
公開, 更新 ,

企業看護師とは企業内産業看護師とも呼ばれ、その名の通り、病院やクリニックでなく一般企業に勤めている看護師のことを指します。

狭義には企業内の医務室に勤務する看護師のみを指しますが、広義には医療メーカーでの仕事や治験のアドバイザー、管理者などの仕事もあります。

その魅力は、なんといっても規則正しい勤務形態。勤め先の企業の勤務形態がそのまま適応されるので、多くの場合は週休2日制で、日勤のみの勤務です。また、病院ほどの忙しさや慌ただしさもなく、一部上場企業などになると仕事の安定感があるという点で、転職先として人気が高まっています。

以下では、企業看護師の具体的な仕事内容や働き方、メリットとデメリットなどを紹介します。

企業看護師の主な勤務先

企業看護師とは広義には病院以外の一般企業で働く看護師全般を指すので、その種類は多岐にわたります。

詳しく見ていきましょう。

企業医務室看護師

企業看護師と聞いて、いちばんに連想される仕事です。

一般企業の医務室で健康管理や、健康に関する啓発活動、労働環境のチェックなどを行います。

治験コーディネーター(CRC)

これは、治験業務のコーディネート、段取りや橋渡しなどの役割を担う仕事です。

治験業務がスムーズにいくように、スタッフ同士や、医療機関と製薬会社の間などで連絡を取ります。また、成果のチェックも行います。

勤務先としては製薬会社が一般的です。

クリニカルスペシャリスト

クリニカルスペシャリストとは医療機器メーカーの役職の一つで、看護師の実務経験から得た知識を活かして商品を売り込むなど、主に営業をこなします。

製品の理解に医療知識が求められるので、看護師の転職先としては最適です。知名度は低いですが、近年かなり需要が高まっています。

ツアーナース

ツアーナースとは、旅行に同行する看護師のこと。団体旅行や修学旅行などに付き添い、旅行者の健康管理や怪我や病気の処置などをおこないます。仕事の性質上、老人や子どもと触れ合う機会が多いのが特徴です。

勤務先としては旅行会社になります。

臨床開発モニター(CRA)

こちらは新薬の開発が正しく行われているか監視する仕事です。治験コーディネーターの業務のチェックを行うこともあります。

製薬メーカーや医療機器メーカーの勤務というかたちになります。

品質管理者(QC)

これは、治験を終えた薬を製薬会社が販売するまでに、提出しなければならない臨床試験データの作成などを行う仕事です。

実務経験に基づく知識が必要になるため看護師や保健師の資格を持つひとが多く転職しています。

医務室勤務の仕事内容

企業看護師の主な仕事がわかったところで、最も多いとされる医務室勤務の企業看護師の仕事内容を詳しく見ていきます。

医務室勤務の企業看護師の仕事として挙げられるのは、主に以下の7つです。

  • 健康診断の実施
  • 保険指導
  • 集団教育
  • メンタルヘルス対策
  • 過重労働対策
  • 緊急時の応急処置
  • 日々の健康相談

健康診断の実施

企業に勤める社員の方達の健康診断を実施する仕事です。健康診断は健康確認と病気の早期発見が目的です。

きめ細かいサポートで企業の健康経営に貢献します。

保健指導

健康診断の結果を見ながら、体調に心配のある人や、病気の早期発見をした場合には、その後のサポートも産業看護師の仕事です。

該当する社員が健康を保てるように保健指導を行い、企業全体に貢献していきます。

メンタルヘルス対策

会社でのパワハラ・セクハラが急速に問題視されるようになった現在では、社員のメンタルケアも重大な仕事です。

社員との面談を通じて社内でのストレスや、仕事に対する不満を洗い出します。そしてうつ病や精神疾患を防ぐために、対策や改善案を提案していきます。

過重労働対策

過重労働によって健康障害が発生する事を防ぎます。残業や一人当たりの仕事量に偏りがないかをチェックし、対策をしていく仕事です。

また、有給をしっかり消化できているかということや、快適な職場環境整備も産業看護師が担当します。

日々の健康相談

問題が見受けられない場合でも些細な会話から、ストレス解消や大きな病気への予防につなげる事ができます。

企業に勤めている社員の人たちが快適に仕事に集中できる雰囲気作りなども大切な仕事です。

緊急時の応急処置

急病やけが人が出た場合の応急処置ももちろん産業看護師の仕事です。

慌てずに迅速な処置をすることで、社員の方々を安心させ、正しく医師につなげることができます。

企業看護師として働くメリット

まず最初に挙がるのは、なんといっても規則的な勤務形態です。

夜勤がないのでシフト制特有の曜日感覚のずれもなく、基本的に定時に帰ることができます。病院でのイレギュラーな急患などがなく、落ち着いて仕事をこなしていけるのは大きな特徴でしょう。

企業によってばらつきもありますが、企業看護師の年収は平均で約430万円から500万円ほど。病院勤務とあまり変わらないか、少し高い水準にあります。

現場から離れてしまうので医療的な知識やスキルは第一線の看護師に劣るかもしれませんが、静かに仕事をしたい人にはおすすめの仕事です。

なお、営業や治験関連などの職種では、実力によってさらに大きく上がる企業もあるでしょう。勤め先の企業次第では、キャリアアップを目指している方にとっても日々目標を持って取り組めるやりがいのある仕事になっています。

企業(産業)看護師になるためには

企業看護師になるには何をすれば良いのでしょうか。前提として、もちろん看護師免許が必要になります。

実際に企業看護師という資格が存在するわけではなく、日本産業衛生学会の産業看護部会によって認定された看護師が、企業看護師として登録される制度のことです。

ここに登録されるためには、規定の「産業看護基礎コース」の全過程を修了していることや、企業(産業)看護についての十分な知識と経験があると認められることが必要です。

ここで注意しておきたいのが、企業(産業)看護師の対象が看護師と保健師のみであるということ。准看護師は対象になっていません。

また、ある一定の条件を満たしておく必要があります。それは、下記のような条件です。産業看護師になるには、これらの課題をクリアしていくことが大切です。

・日本産業衛生学会の会員である

・産業看護の実務経験が2年以上ある

・一般衛生管理者の免許を取得している

企業看護師になるには資格があると有利

企業看護師へ転職する際に、少しでも有利になる資格にはどんなものがあるのでしょうか。今回は3つご紹介します。

ただしこれらの資格は、すぐに取得できるものではなく講座や試験を受けたりする必要があるため、時間もお金もかかります。

産業カウンセラーの資格

3つの資格の中では比較的取得しやすく、また広く役に立つ資格です。

うつなどの病気が増えてきた現代、メンタルヘルス対策に力を入れる企業も多くなっています。取っておいて損はないでしょう。

衛生管理者の資格

衛生管理者の資格には、「第一種衛生管理者免許」と「第二種衛生管理者免許」の2種類があります。

業種を選ばずどこでも仕事をしたいということであれば、第一種を取得しましょう。第二種の場合は、情報通信業や金融業、保険業といった、比較的有害業務の少ない事業を行っている企業でしか衛生管理者となることができません。

この資格を取得する際には、しっかり考えてどちらを取るか考えましょう。

保健師の資格

一概に「看護師資格と保健師資格の両方を取得していれば有利になる」と言えるわけではありません。

しかし、求人の中にはこの2つの資格を持つ看護師を指名して呼び込んでいるところもあるのは事実。保健師の資格を持っているだけで相当有利になるのは間違いないようです。

企業看護師に必要なもの

企業看護師に求められるものは、コミュニケーション能力です。病院で入れ替わる患者さんでなく、一つの企業の中の従業員の健康をサポートしていく分、付き合いが長くなります。

また、病院のように医師や看護師が複数名おらず、企業看護師はひとりの場合が多いため、自ら密な付き合いも作っていくことが大切です。従業員に心を開いてもらえるような話術や、根気強さが求められるでしょう。

企業看護師に興味があるなら求人サイトへの登録がおすすめ

上記を読んできて、企業看護師になりたいと思った方は、転職についても考えていいかもしれません。看護師の転職サイトなら大手看護師専門サイトの「マイナビ看護師」がおすすめです。

無料で転職に関する役立つ情報をゲットできるので、転職を始めるタイミングではなく、早いうちから登録しておくと、知見を広げることにも繋がります。まずは下のボタンからマイナビ看護師に登録して、非公開求人をチェックしてみてください。

マイナビ看護師に登録する(無料)