男性看護師の年収とメリットを紹介。男女比の関係でモテるって本当?

男性看護師の年収とメリットを紹介。男女比の関係でモテるって本当?

J
JobStep編集部
公開, 更新 ,

男性看護師の人数は、近年上昇しています。患者の移動など、看護師の仕事の中には力仕事と言えるようなものもかなり多く含まれているため、男性の力を借りたいという意見が増え、需要が高まっているのです。

また男性患者の中には、身のまわりの世話をしてくれる看護師は同じ男性のほうが気が楽だという人も多数おり、患者さんのニーズになるべく応えたいという病院も増えてきました。

そこで今回は、男性看護師の現状について紹介していきます。

男性看護師の人数推移と割合

厚生労働省のデータによると、2004年には31,594人だった男性看護師は2014年には73,968人と2倍以上も増加しています。

それでも男性看護師の割合は、今のところ約5%前後。人数が増えたといわれている割には少なく感じてしまうかもしれません。しかし、実はこの数値を大きく上回る場所があるのです。それが沖縄県。

沖縄では、男性看護師の割合が12%でダントツの全国一位です。看護師は女性の仕事であるという固定観念が少ないことと、地方の仕事不足が原因のようです。

看護師の男女比率について

厚生労働省によると、看護師の男女比は7:93で圧倒的に女性が多いです。

年々、男性看護師が増加していますが、それでも女性看護師の方が多いのには代わりありません。どこの病院に行こうと、基本的には女性看護師の方が多いと思いましょう。

男性看護師求人の現状

求人サイトや求人誌などを見ても、特に男性看護師を募集している病院を目にすることはあまりなく、どうしても「看護師=女性」というイメージを持ってしまう場合が多いよう。

しかし実は、2002年の名称変更によって、男女ともに看護師という呼び方に変わっているため、その求人には男性看護師も含まれているのです。そして、先述したようにその需要は着実に増えています。そのため男性看護師が勤務先を探すのはそれほど難しくありません。

とはいえ、まだ病院によっては女性のみを応募しているところもあり、応募したら「女性看護師しか募集していません。」などと言われたという事例も見受けられます。

男性看護師の平均年収

厚生労働省の平成29年のデータを見ると、女性看護師の平均年収が376.6万円に対して、男性看護師の平均年収は549.6万円です。

厚生労働省:平成29年度 賃金構造基本統計調査の概況

都心はともかくとしても、地方では公務員に次いで給与が高い職業の一つといえるでしょう。しかも、男性看護師は需要に対しての共有が足りていないので、条件が良くしかも高待遇の転職先を見つけやすいです。

さらに、看護師長などの地位になると年収は800万円、1000万円と桁違い。現在は女性が就いている場合が多いようですが、男性看護師が増えているうえに、男性の方が結婚・出産などのライフイベントによる退職が少ない(=勤続年数が長くなる)現状を考慮すると、そこまでの地位・年収も狙えるでしょう。

年収をあげる方法

看護師の平均年収や地域の差を紹介してきましたが、その年収をあげるためにはどうしたらいいのでしょうか?

管理職に昇進する

年収をあげるためには、基本給をあげる必要があります。

年代別の収入を見てみると、30代からの月収が上がっています。看護師としての経験を重ね、キャリアアップしていくことができれば、昇進に伴って給料もアップしていくのです。

またピークの50代の収入を見てみると、さらに良い給料をもらっていることがわかります。これはただキャリアアップするだけでなく、管理職についている人がいるということです。

夜勤を増やす

看護師はシフト制で仕事をします。夜勤での勤務が多いほうが、夜勤手当が付き、月々の給料が上がっていくのです。

地方勤務の人は東京勤務を考えてみる

給料や年収の平均を見てみると、地方と東京では収入に大きな差があります。

より給料の高い場所で働く方がモチベーションが上がるという人もいるでしょう。その場合は、東京の病院へ転職することを選択肢に入れることも可能です。

自分の条件に合った転職をしたいという方は、看護師専門の求人サイト「マイナビ看護師」で求人情報を見てみましょう。

「マイナビ看護師」では、雰囲気や働きやすさも知ることができ、プロのサポーターが支援してくれるため、初めての転職も安心です。

マイナビ看護師に登録する(無料)

男性看護師はモテる!?

看護師の男女比率で紹介しましたが、女性看護師の方が圧倒的に人数は多いです。

なので、男性看護師はその分出会いがあり、チャンスも豊富です。男性医師ほどではないものの、「モテすぎて困っている」なんて羨ましい悩みを持っている人もいると聞きます。

特に男性看護師の見せ場は「力仕事」です。体の大きな患者さんを支えるなど、女性看護師にはキツいことを男性看護師が行うと評価が高くなります。

しかし注意点として、一度ダメ男として一人の女性看護師に認定されると、一気に他の女性看護師にまで噂が広まるというおそれもあります。特に女性は他の人からの評価を気にする傾向があるので、そうなるともうその職場でモテることは難しくなります。

男性看護師のメリット

男性が看護師になることのメリットとしては、まず有利な条件の職場を探しやすいことが挙げられます。男性看護師の需要が高まっている今、自分の求める条件にあった職場を自由に選ぶことができます。

女性と違い出産育児などのハンデが少ない男性看護師。女性が多い看護師の世界でキャリアアップするのは有利だといえます。

また、男性患者への配慮ができるなど、男性ならではの働き方ができることも挙げられます。大きな患者さんの移動を手伝うなど、女性ばかりの環境でやりがいを感じることができるでしょう。

男性におすすめの看護師転職サイト

現状まだ女性社会ともいえる看護師の仕事。地域や職場によっても男性看護師の働きやすさや年収は大きく変わってきます。したがって職場選びは重要。そこでおすすめなのがマイナビ看護師です。

大きな特徴は、一人ひとりに専任のコンサルトスタッフがつくこと。女性看護師の求人ばかりが目につくなか、男性看護師の求人のみを絞って紹介してくれるのは嬉しいポイントです。また、勤務形態や地域など自分に合った勤務先を素早く見つけることができます。

男性看護師として働きたいと考えている方、理想の職場を効率的に見つけたいと考えている方は、マイナビ看護師に登録して希望の仕事を探してみましょう。

マイナビ看護師に登録する(無料)