手術室看護師の仕事内容と働き方:日勤だけどオンコールが大変

手術室看護師の仕事内容と働き方:日勤だけどオンコールが大変

J
JobStep編集部
公開, 更新 ,

意外と知らない部分の多い、手術室看護師の仕事。手術室の中で看護師としてどんな仕事をしているのか、気になる人も多いかもしれません。

外科医や介助医と連携して行う仕事の内容や、あまり人気がない理由など、日頃はあまり知ることの無い、手術室看護師について紹介します。

一般病棟看護師の仕事と年収は変わりませんが、日勤であり、土日祝日休みがあります。

仕事とプライベートのオンオフをはっきりつけつつ、看護師としての技術を身につけたいという方には手術室看護師への転職がおすすめです。

マイナビ看護師では、細かい検索条件にしたがって希望の転職先を簡単に見つけることができます。

マイナビ看護師に登録する(無料)

手術室看護師とは

手術室看護師とは、「病院の手術室に所属」している看護師です。主に、手術する患者さんのケアやサポートを担当します。

手術室に所属するのは少し特殊ですが、看護師免許以外に特別に必要な資格はなく、看護師免許があれば誰でもなれるのが特徴です。

しかし手術室に勤務する看護師の生活は少し変わっており、仕事や勤務形態などは、他の病棟や外来に勤務してる看護師とは異なっている部分が多くあります。

手術室看護師の役割

手術室内では、各業種のプロの少数精鋭が、それぞれの仕事に徹しており、中には、外科医(執刀医)、介助医(助手)、麻酔科医、臨床工学技士、看護師がいます。

看護師の役割は、大きく分けると器械出し(直接介助)と外回り(間接介助)の2つ。また、手術室チームや他部署との連携をとる重要な役割もあります。

器械だし(直接解除)

器械だし(直接解除)というのは、メス、開創器、セッシ、持針器等の器械を手術の進行に合わせて外科医に渡すことです。

しかし、外科医からの指示を待って渡すだけでは不十分で、これまでの知識や経験から、次に必要な機会をあらかじめ用意しておくことが求められます。

看護師は手術の流れを把握し、次に必要なものを用意して、その時になったら、言葉はなくても必要なものを手渡します。

外回り

もうひとつの仕事である外回りでは、麻酔導入の介助から、術中のバイタルサインの変動の観察、必要な医療機器の準備、術後の回復室でのケアまで、患者さんが手術室を退室するまでの看護を行います。

患者さんを間に、外科医や麻酔医のどちらにも目を配ることが求められます。集中力と観察力が大切です。

手術室看護師になるメリット

チームで働くやりがい

手術室では、看護師だけではなく、医師や臨床工学士などさまざまなプロが勢ぞろいしています。誰一人かけてはならない状況で仕事をすることは大きなやりがいにつながります。

また、オペが成功すれば、患者さんからも医師から感謝されることも多く、日々のモチベーションも高まります。

休みが確保できる

通常の病院では、二交代制や三交代制のシフト制で仕事をしますが、手術は通常日勤の時間帯に行われるため夜勤に追われることがありません。

まれに深夜に及ぶオペもありますが、シフトのように頻繁にあるわけではありません。手術室看護師は土日休みの場合が多いため、友人や家族との予定を立てやすいというメリットもあります。

看護師としてのスキルが上がる

手術室看護師は、手術を通してあらゆる患者さんを見ているため、病棟に戻った時に幅広い患者さんを対象に働くことができます。

診療科の知識や、手術に望む患者さんの気持ちまで理解できるため、病院に欠かせない存在になることができます。

手術室看護師と働く上で大変な部分

手術室特有の勤務体制(オンコール)

病棟が2~3交代の勤務であるのに対し、手術室看護師の多くが平日の決まった時間に勤務しています。それにプラスして当直や自宅待機(オンコール)といった勤務をします。

オンコールとは勤務時間外であっても緊急手術などで呼ばれればいつでもすぐに対応できるように待機しているということです。

いつ呼ばれるかわからないため、遠方への外出や飲酒が出来ず、入浴や睡眠中にも気が休まらない状態が続き、負担に感じる看護師も少なくありません。手当ても病院によってばらつきがあり、満足いっていないことも多いようです。

患者さんと接する時間が短い

手術室で患者さんとコミュニケーションをとれる時間は、術前・術後訪問時と術中です。

コミュニケーションの時間がごくごく限られており、病棟に比べるととても短いため、患者さんとのコミュニケーションを楽しみにしている看護師からするとやりがいがないものかもしれません。

手術室看護師について知る機会がない

学生のうちは手術中の看護について学ぶ機会が少ない傾向にあり、実に約7割の学校が見学のみで終わっているそう。

現役の看護師ですら知らないことが多く、「知らないゆえの拒否」も大いにあるようです。

手術看護師におすすめの資格

手術室看護師になるにはどのような資格があると良いのでしょうか?

周術期管理チーム看護師

「周術期管理チーム看護師」は術前・術中・術後の全体について、基礎的な教育を受けたことを示す資格です。多くの手術室看護師がいちばん最初にとる資格でしょう。

手術看護実践指導看護師

「手術看護実践指導看護師」は、手術看護師として実際に働く上で必要となる実力を証明するものです。筆記試験がなく、資格を満たしていれば取得できるため、比較的チャレンジしやすい資格です。

第2種滅菌技師

「第2種滅菌技師」は、医療現場で滅菌供給の知識と技量があることを証明する資格です。手術看護実践指導看護師と同じく筆記試験がないため、こちらも比較的取得しやすいです。

手術看護認定看護師

「手術看護認定看護師」を取得すると、高度な知識と技量を持っていることを証明することができ、レベルの高い大きなオペに携わることができます。ただし認定看護師になるには、認定看護師の教育機関に6ヶ月通う必要があります。

手術室看護師への転職ならマイナビ看護師

手術室看護師になると、広い分野の看護の仕事を任せられます。

一般病棟看護師をしているけど今よりもスキルを上げたい、専門的な知識を身につけてオペ看のスペシャリストになりたい!という方には手術室看護師への転職がおすすめ。

看護師専門の大手転職サイトである「マイナビ看護師」を利用すれば、雇用形態、施設形態、駅などさまざまな細かい検索によって自分の希望に沿った転職先を簡単に見つけることができます。登録から相談まですべて無料なので、ぜひ利用してみてください。

マイナビ看護師に登録する(無料)