看護師からOLに転職って簡単?仕事内容の違いや転職方法などを紹介!

看護師からOLに転職って簡単?仕事内容の違いや転職方法などを紹介!

J
JobStep編集部
公開, 更新 ,

看護師は患者に寄り添い、医療現場の最前線で働く立派な仕事ですが、反対に、夜勤や介護など身体的にも精神的にもきつい仕事でもあります。

体を壊してしまった、精神的にきついなどの理由で転職を考える人も多いのではないでしょうか?しかし、看護師しかやってこなかった人にとって一般職であるOLに転職することは不安なことが多いはず。

そこで看護師からOLへの転職をする際に、仕事内容の違い、メリット、デメリット、転職方法、転職すべき人を紹介します。

看護師とOL(一般職)の違い

では、看護師とOLでは、どのような違いがあるのでしょうか。以下ではその違いを紹介します。

看護師はまとまった休みが取れる

看護師と企業の事務職とのいちばんの違いは勤務体系の違いです。看護師は夜勤を交替でこなしていく勤務のため、シフト制を採用している所が多いですが、企業の事務職では平日に5日間勤務して週末に2日間休むのが一般的です。

看護師は、休みが不定期である代わりにまとまった休みが取りやすいです。ただ、その分友人と休みが合わなかったり先の予定が立てづらかったりします。

一般職はお客さんの相手をしなければならない

看護師が主に相手をするのは患者であり、先方の要求に応えるのが仕事ですが、事務職では会社内の社員やお客様が対象になります。

そのため、看護師から一般職に転職した人はお客様を相手にすることに慣れない人も多くいるようです。

給料が下がる

専門的な知識が求められる看護師は、一般職に比べると給料が高い場合がほとんどです。看護師から一般職に転職しようと思っても、なかなか自分の希望する給与をもらえるような転職先が見つからないことがほとんどです。

転職先を探す際は給料が下がることをある程度覚悟しておいた方がよいでしょう。

看護師から一般職への転職方法

上記のような違いを把握した上で、OLに魅力を感じる方は、看護師から転職をしてみても良いでしょう。

具体的に看護師から一般職への転職方法をみてみましょう。

転職サイト

看護師から一般職への転職は、やはり求人サイトを利用するのがおすすめです。

大手転職サイトのリクナビやマイナビでは、事務職や総合職の求人が豊富に掲載されており、未経験でも応募が可能なものがあります。

少しでも条件のよい求人に応募するなら資格などをとっておき、アピール材料にしましょう。

大手転職サイト『リクルートエージェント』では、専門のコンサルタントがあなたの転職をサポートしてくれます。今の仕事を続けながら次の仕事先を見つけられるので、ぜひ利用してみてください。

リクルートエージェントに登録する(無料)

ハローワーク

各都道府県のハローワークに相談するのもよい方法です。転職サイトで自分に合っている仕事が見つからない場合、ハローワークの相談員に求人を紹介してもらいましょう。求人サイトに掲載されている仕事に比べると、給与がやや安く、地元の中小企業が多いという特徴があります。

国の審査を通過した求人が掲載されているので、いわゆるブラック企業への就職を避けることができます。

転職先選びを失敗したくない、安心して働きたいという人におすすめの方法です。

知人や家族に紹介してもらう

知人や家族に職場を紹介してもらう人も多いです。そういった自分と親しい人の紹介なら、安心して転職できるでしょう。

また、そういった人たちが実際に働いている職場だと、職場の詳しい情報が聞き出せます。知人や家族に職場を紹介してもらうのもひとつの手です。

転職すべき人

最後に看護師から一般職へ転職すべき人を紹介します。

明確な目標がある人

給料が下がってでも、他にやりたいことがあると考えている人であれば、転職を考えるべきでしょう。

看護師の給料は他の業者と比べると高めに設定されており、一般職、総合職で同じ水準を求めるならば、よほど能力がなければなりません。

反対に看護師の仕事がつらいから一般職へ転職したいという人は、転職を考え直したほうがよいでしょう。

一般職で通用する技能を持っている人

転職で企業に入る人には即戦力としての能力が求められます。一から教えてもらえるという考えは捨てたほうがよさそうです。自分から積極的に学ぼうとする姿勢を持ちましょう。

一般職で使える資格を保有しているならば、就職した後も働きやすいのではないでしょうか。特に資格を持っていないような人は、まずは資格を取得することから始めてみましょう。

例としては、簿記や、エクセルなどの技能を証明するMOS資格などが挙げられます。

看護師から一般職へ転職すべきでない人

では、反対に看護師から一般職へ転職するべきではない人はどのような人でしょうか。

職場での人間関係や仕事内容が辛い

看護師は男性が増えてきているとは言え、まだまだ女性が多いです。女性社会特有のいざこざや悩みもあるでしょう。そういった職場での人間関係や、長時間労働等の仕事内容が原因で転職を考えている人は、今の職場が自分に合っていないだけ可能性があります。

異業種転職は給料が下がるだけでなく、環境や生活もかなり変わります。はっきりとした目的がないと、転職して後悔してしまうこともあるでしょう。そういった人には看護師としての職場を変えるための転職をおすすめします。

まずは勤務先を変えて、別の環境に移ってみると悩みが解決するかもしれません。

看護師の転職先を探す際にぜひ活用してほしいのが、看護師専門の大手転職サイト「マイナビ看護師」です。

キャリアアドバイザーが自分に合った求人の紹介から面接の対策まで徹底したサポートをしてくれるため、転職活動をしたことがない人でも安心して転職活動を行えます。

また、転職を本気で考えていない人も、実際に転職活動を始めるときには時間がかかるので、まずは登録して求人情報をチェックしておくことをおすすめします。

登録は無料ですのでぜひ一度チェックしてみてください。

マイナビ看護師に登録する(無料)