看護師の仕事を大変と思う瞬間とその理由を紹介

看護師の仕事を大変と思う瞬間とその理由を紹介

J
JobStep編集部
公開, 更新 ,

人の役に立ちたい、あの時優しくしてくれた看護師さんみたいになりたい。高い志を持って念願の看護師になっても、実は「大変」と思う瞬間の方が多いかもしれません。

たしかに看護師はやりがいのある仕事ですが、普段は報われないと思うことも多々あるでしょう。以下では、看護師という仕事が大変だと思われる瞬間について見ていきます。

1. 体調管理をしっかりしないといけない

若い時はある程度無理をしても平気だったという人でも、年を重ねるとだんだんそうはいかなくなります。だからといって勝手にシフトを変えるわけにもいきません。体調管理も仕事のうちです。

休みの日とはいえ遊び過ぎないようにするのは基本で、年をとってくると遊びに行くどころか夜勤の疲れが取れずせっかくの休日も寝て過ごしてばかり、という人も多くなってきます。

本当は遊びたいし、プライベートも充実させたい。でも、疲れて仕事でミスをしてしまったら一大事です。看護師として体調を整えるのは大変なことです。

2. 患者からのクレーム

明らかに病院側のミスなら仕方のないことですが、些細なことでいちいちクレームをつけたり、ナースコールで頻繁に呼び出したりする患者がいるのも事実で、対応も大変です。

病気で気持ちまで弱っていてつい看護師に甘えてしまう患者もいますし、元々立場の弱い人を見下す癖があって偉そうにしている人もいます。

忙しい中で患者の手助けをしたにもかかわらず、「ありがとう」の一言もないと心が折れそうになります。

3. 看護師になってからも勉強が多い

国試に合格するだけでも勉強がハードだったのに、現場に入ってからの方が学ぶべきことが多いのに気づかされます。新人看護師は知らないことだらけで戸惑うこともたくさんあります。

そのため、休日にも研修があったり、レポートのために仕事をしていない時は常に勉強していたりと、なかなかハードスケジュールです。

休みはなくて当たり前で、毎日が勉強で大変です。

4. 仕事中は気が抜けない

ちょっとした見落としが、患者の命までをも左右します。何か作業をしている間に別の患者の急変があるかもしれません。

勤務中は常に神経を張りつめていないといけないもの。多くの仕事を並行してこなすのは当たり前で、水を飲んだりトイレに行ったりする暇さえない時も珍しくありません。

勤務時間が終わるとドッと疲れが出るのも仕方ないことです。

5. 生活が不規則

夜勤が入れば不規則なシフトになりますし、患者の都合が第一なので残業が発生し、定時で帰ることさえ珍しい場合もあります。逆に定時で帰れると何かやり残してないかと不安になることも。

体調を崩さないようにすることはもちろんですが、プライベートさえ後回しになるのも大変なこと。デートが中止になったり、友達と疎遠になったり。仕事ばかりの日々にうんざりする時もあります。

6. 理想と現実とのギャップが大きい

人助けをしたい、人の役に立ちたい、強く思って看護師という職業に就いた人も少なくないはずです。

そういう看護師ほど、理想と現実とのギャップに悩まされがち。確かにやりがいは他の仕事よりも大きいかもしれませんが、その分人間の裏の顔が見えてしまうようなことも多いです。

職場の人間関係やコミュニケーション不足、患者の死など。医療ドラマのように毎回きれいなシーンでしめくくられるわけではありません。