看護学生あるある。課題が多すぎて寝られない・・・

看護学生あるある。課題が多すぎて寝られない・・・

J
JobStep編集部
公開, 更新 ,

看護学生は毎日実習と勉強とレポートで大忙し。人の命を預かる現場に生徒を送り出す看護学校では甘えなど許されません。

厳しい校風や勉強から、気づいたら学年の人数が半分になっていたというくらい学校を去っていく人も多いのが現状です。そんな厳しい世界に身を置く看護学生のあるあるをご紹介します。

1、睡眠時間が少ない

勉強と実習の板挟みになるため、こればかりは仕方がありません。看護実習では、自分は眠れていないのに「よく眠れましたか?」と患者さんに問い掛ける不思議な状態になることも。

実際の現場でも睡眠時間を確保するのは難しくなりますから、看護学生時代から慣れておく方がいいかもしれません。

レポートや課題が終わらなければ睡眠時間が4時間なり2時間になってしまうこともしばしばです。

2、土日は課題に追われるか、寝て終わる

看護学生は山積みの課題に大忙しで、土日も気が休まることはありません。どうにか課題を終わらせていても、次の実習のことや試験のことで気が重くなっています。

学生は若いとはいえ成長のために睡眠が必要なので、時間さえあれば睡眠にあてておこうとする人が多いです。

3、合間合間に差し込まれる質問に怯える

看護学生ならではですが、実習中でもお構いなしに指導者からあれこれ問われます。

「なぜ」「それはどういうこと」「そうなればどうなるの」「これがこうなのは何故」「じゃあやってみて」「あなたがそう思っても患者さんは違うんじゃないの」などと、常に質問を飛ばされるので気が気がではありませんが、不意の質問に答えられなければもっと大変なことになります。

いつでも「自分が何故こうしているのか」「患者さんに何が必要なのか」「どう思っているか」を考えながら行動に移すことで、患者さんとの意思疎通を取ったり、医療ミスを減らしたりすることに繋がりますが、実際には知識と経験が不足しているので非常に難しく感じられます。

すっと答えられるようになれば、看護師への第一歩です。

4、指導者が見に来る緊張感から測定や援助にまごつく

上記のように指導者は非常に厳しいので、看護学生は実習にあたってかなりの緊張を強いられます。

特に最初は、測定や援助にあたって緊張感からミスをしがちです。

現場では誰に見られても動じないで仕事に当たらなければなりません。緊張しなくなるように看護学生時代にいっぱい緊張しておくという心積もりで実習に向かっていますが、なかなか慣れるものではありません。

5、実習の善し悪しはグループの人間関係に左右される

実習は数名1チームで行うものです。不慣れな看護学生同士で組むものですから、馬の合わない人間同士でチームを組むことになってしまえばかなり疲弊します。

ただし、実際の現場では慣れ親しんだ人とだけ仕事をしていくということはありえないので、気の合わない人と組むことになったことも経験の一つとして捉える人も多いです。

6、資料がファイルに収まり切らない

看護学生の勉強量は想像を絶する多さです。授業や実習のたびに資料のコピーが増えて、ファイルのキャパシティーを圧倒的に超えていきます。

自室に分厚い辞書のようなファイルが何冊も並んでいることも看護学生ならではの特徴です。

7、電車遅延も許されない

看護学校では自己管理の名の元に、電車遅延遅刻でも怒られるケースもあります。

なかなか理不尽ですが、看護学校には電車遅延で遅れないようにするという努力が求められるでしょう。

8、病棟の移動は階段のみ

看護学生はエレベーターは使えません。

必要と認められなければ基本的には階段を使って移動せねばならず、恐ろしく離れた階へ行かされたり往復させられることもあります。

手ぶらならばまだしも、重い資料や器具を運ぶ必要がある場合には一種のトレーニングかのような疲労を覚えることは間違いありません。

9、担当看護師が見つからない

病棟内では担当看護師も仕事をしているので、捕まらないときは病棟内を何周もせねばなりません。

自分一人では何も出来ないのに担当看護師もあちこち動き回るので、探すだけで骨が折れます。

10、就活に苦労しない

看護学生には、それならではの苦難がつきものです。しかし、看護師は慢性的に人手不足なので、資格さえとってしまえば就職先はいくらでもあります。

就職難に喘ぐ必要がなくなるという点は、厳しい環境を乗り越えた先に得られるメリットです。