50歳から看護師になる方法とメリットデメリットまとめ

50歳から看護師になる方法とメリットデメリットまとめ

J
JobStep編集部
公開, 更新 ,

子育てがひと段落して、昔から夢見てた看護師になりたいと考えたり、老後の不安から国家資格が欲しくなったりする人は多いでしょう。

50代で看護師を志したとき、どうすればよいのでしょうか。また、遅すぎることはないのでしょうか。

心配することも多いかと思いますが、今回は50代で看護師になる方法をご紹介します。

50歳(50代)から看護師を目指せる?

50代から看護師を目指すのは体力的にも一般的に見て厳しい道になるでしょう。ただ、もちろん目指すことも可能です。事実、50代で看護師になる人もいるのです。

では、50代から看護師になる方法はどういったものがあるのでしょうか。以下では50代から看護師を目指す方法を紹介します。

看護師になるには

まず、看護師として働くためには国家資格である看護師免許の取得が必須になります。

看護師免許は監視試験を受験して合格すると取得することができまずが、この試験をうけるためにも受験資格というものがあり、それは国が定める看護師養成所を卒業していることが要件となります。

看護師養成所には看護大学、看護短大、看護専門学校の3種類があります。

また、上記は正規の看護師のなり方ですが、看護師の資格は2種類あり、正看護師の他に准看護師という資格も存在します。准看護師の方は、業務内容は正看護師と変わらないものの、医師や看護師の指示なしに業務にあたれないという点が特徴で、看護師より少ないコストで資格を取得できます。准看護師になるためには、准看護師養成学校に通うことが一般的です。

以下では、それぞれの学校について、特徴や50歳(50代)から入学する時のメリット・デメリットを紹介していきます。

1.大学の看護学部に通う

まずは大学の入学試験を受けて、看護学部に通うという方法です。大学に通うと、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

メリット

大学に入学して看護師を目指すことで、看護以外に他分野の学問を学習することができます。幅広い知識や経験を積めるのが大学に通うメリットでしょう。

看護師以外にも、助産師や保健師も目指すことが可能です。

また、大学は研究機関なので、自習の設備や文献、資料なども整っています。とことん勉強したい人におすすめの方法です。

さらに、看護師になったあとの待遇や給与も他の方法に比べると優遇されます。

デメリット

大学に入学すると、卒業までに最短でも4年間必要になってくるので、例えばもし55歳から入学したとしたら卒業する頃には59歳になってしまいます。

50歳、50代から看護師を目指すとなると、1日でも早く看護師の資格を取得して病院に勤務したいという人も多いでしょう。

また、学費もかなり高く、入学試験の倍率も高いケースが多いです。そのため、大学に入学して看護師を目指すとなると、かなりの覚悟が必要です。

さらに、看護大学は幅広い知識をつけて年々変化する医療に対応できる看護師の養成を目標としているため、看護の科目の他に一般教養も学ぶことになります。

ときには自分の興味のない授業を履修して、レポート、発表、試験をこなさなければならないこともあります。

自分の状況と照らし合わせ、よく検討してから行動するようにしましょう。

2.看護短期大学に通う

3年間の看護大学に通うのも1つの方法です。以下では看護短期大学に通うメリット、デメリットを紹介します。

メリット

短期大学に通うメリットは、大学より少ない時間、学費で大卒の資格が取れることです。4年制大学卒と同じ待遇という訳ではありませんが、同じ3年間でも専門学校より待遇や給与もよくなります。

また、卒業までの時間が同じ3年間の専門学校に比べ、実践で使える知識や経験はもちろん、それ以外にも幅広い知識や経験を積むことができます。

大学同様、助産師や保健師も目指すことが可能なので、看護師以外の道に進みたい人はこちらでもいいでしょう。

加えて、准看護師科なら2年間で卒業が可能になるので、早く看護師として働きたいと思う方は看護短期大学に通うことをおすすめします。

デメリット

デメリットは看護短期大学が年々減少傾向にあるため、学校自体を探すことが難しくなっているという点です。また、4年制大学同様、倍率が高いのもデメリットでしょう。

さらに、卒業までの時間が4年制大学より1年短いため、どうしても詰め込み学習になってしまう場合もあります。

3.看護専門学校に通う

3年間の専門学校に通う方法です。社会人から看護師を目指す際にもっとも多いケースが看護専門学校に通うことです。では、看護専門学校に通うことでどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

メリット

専門学校の何よりものメリットはまず学費が安いことです。大学などと比べておよそ半分くらいの学費で卒業できます。学校の数自体も多く、探しやすいでしょう。

また、3年間と、比較的短い期間で卒業することができます。短いとはいえ、実践で役立つ知識や経験はしっかり身につけられます。

さらに、専門学校は基本的には若い人が多いですが、社会人入試の枠も設けているため比較的年齢を重ねた人も通っています。そのため、コミュニティに馴染みやすく、人脈も広げられるでしょう。

デメリット

看護専門学校の学習スケジュールは短期大学と同様、忙しいので覚悟が必要です。当然50代という年齢から考えれば、1年でも早く現場に出ることが好ましいのですが、専門学校のスケジュールはとにかく忙しいのです。

また、卒業後の待遇や給料が大卒と比べてやや低くなります。

4.看護助手として働きながら准看護学校に通う

看護助手として病院に勤務しながら、准看護学校に通う方法です。看護助手は無資格でできるうえ、医療の現場を経験できます。看護師の指示のもとに仕事をしますが、看護師とは違って医療行為は一切行えません。

ただ、資格がなくても病院に勤務することができるため、看護助手として働きながら准看護学校に通う方は少なくないのです。では、この方法にはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。以下で紹介します。

メリット

准看護師は看護師よりもできる仕事が限られてきますが、働きながら資格をとることが可能です。ここがメリットとして挙げられます。

いきなり学生は、勇気が出ないというのであれば、まずは働きながら准看護師を目指すのもいいでしょう。

特に准看護師は子育てを終えてから資格取得する人が多く、40代以上の人が多く活躍しているため、若い子に混ざって勉強するのは気が引けるという人にもおすすめです。

デメリット

デメリットは、大学病院などでは准看護師の採用を行っていない場合もあるので勤務先の選択の幅が狭まってしまう点です。また、仕事との両立は、負担がかかります。

どっちつかずになってしまうケースも多いので、しっかりと自分がなぜ看護師を目指したいのかを把握しておくことが大切です。

看護助手の求人を探す際におすすめなのが、マイナビエージェントです。全国各地の、非公開求人の情報をはじめ、大手上場企業や中小企業の他、個人経営のクリニックに関する求人も掲載されています。

無料で登録できるうえ、専任のコンサルタントが自分の希望に合った求人を紹介してくれます。

マイナビエージェントに登録する(無料)

5.准看護師の資格を取ってから、通信制や定時制の看護専門学校へ通う

4の方法に加え、資格取得した後に正看護師の資格を取得する方法です。

メリット

少し遠回りになってしまいますが、こちらはずっと働きながら資格を取得することができるので、働かなければならない事情があって、かつ正看護師の免許を取得したい人には大きなメリットになります。

デメリット

デメリットとしては、年齢的にも正看護師の資格取得までにとにかく時間がかかることです。

60歳を超えて正看護師の免許を取得しても、就職の幅も限られてしまうからです。自分の年齢と体力、あと何年働きたいかを逆算して、通う学校を考慮しましょう。

まずは、医療機関や医療系企業の職員として働いてみるのがおすすめ

准看護師も看護師も、目指すにはそれなりの時間とお金がかかります。

体力や時間の面で不安があるのであれば、無資格でも働ける看護助手として医療機関で働いたり、医療関係の施設や企業の職員として働いたりと、医療に携われる他の仕事に就くのもいいでしょう。

医療業界での職探しでおすすめなのは大手求人サイトの「マイナビエージェント」です。マイナビが運営する転職エージェントで、求人数はトップレベル。大手企業が運営する認知度の高いサイトのため、安心して利用することができます。

キャリアアドバイザーが一人ひとりについてくれて、転職のサポートをおこなってくれます。初転職者でも安心して話を進めていくことができるので、まずは登録してどのような求人が掲載されているかをチェックしてみてください。

マイナビエージェントに登録する(無料)