潜在看護師が増える理由とその対策:復職支援が進行中

潜在看護師が増える理由とその対策:復職支援が進行中

J
JobStep編集部
公開, 更新 ,

妊娠・出産や、子育て、介護、身体的・精神的な理由での看護師の離職率が高くなっている昨今、潜在看護師の問題は深刻化しています。

今回は、潜在看護師が増える理由と、その問題の対処法として取り組まれていることを紹介します。また、実際に看護師が復職するに際して直面する悩みや注意点なども紹介していきます。

潜在看護師とは?

潜在看護師とは、看護師免許を持ちながらも子育てや介護などの理由で離職して働いていない看護師のことで、厚生労働省の推計では約71万人いるとされています。

団塊の世代が後期高齢者になる2025年には医療・介護の分野における看護師は200万人が必要とされていますが、現在は潜在看護師を含めても154万人にとどまっており、少子化の影響からその人数の維持も重大な課題になっています。

現在70万人近いと言われている潜在看護師がそれほど増える理由にはどのような背景があるのでしょうか。

看護師の離職率が高い理由

毎年50000人近い新人看護師が誕生するなか、約半数にあたる24000人が離職しているというデータがあります。

日本看護協会のデータによると、離職の理由のトップは「妊娠・出産」、次いで「身体的な健康理由」「精神的な健康理由」となっています。

やはり、看護師という仕事は、妊娠・出産した際にそのまま続けるのは難しいようです。時間が不規則で内容もハードな仕事の特性として、仕方ない部分もあるのでしょう。

また、仕事内容や人間関係に身体的にも精神的にも疲れてしまう看護師も多く、看護師として生きていくためのライフワークバランスを取り続けていくのは難しいことだと伺えます。

潜在看護師の増加には、このライフワークバランスというキーワードが大きく関わってきます。

看護師は続けにくい仕事?

看護師の離職率が高い理由は、看護師という仕事の特性にも起因します。

日本看護協会によると、看護師の離職理由を「職場環境に関すること」にしぼってアンケートを取ったとき、一番多いのが「勤務時間が長い・超過勤務が多い」という点でした。

また、次いで「夜勤の負担が多い」が挙がっており、看護師として仕事をすること、病院に勤務するということの大変さがうかがえます。仕事の時間が不規則に、そして長くなればなるほど、肉体的にも精神的にもダメージは大きくなります。

また、「責任の重さ・医療事故への不安」という回答も3番目に多く、人の命に関わる仕事の大変さや辛さが出た結果となっています。責任が重くのしかかる職場で妊娠や結婚、介護など、人生の転機を迎えたときに、負担の多い仕事を続けることに後ろ向きになるのは理解できます。

看護師を一生続ける、というのは、通常の勤務形態では難しいことかもしれません。仕事内容の辛さ、拘束時間の長さや不規則さ、単純な負担の多さなどが、看護師が仕事を続けるのが辛いと感じる原因でしょう。

潜在看護師が復職しない理由は?

離職が多いだけでなく、復職者が少ないことも、潜在看護師の多さの原因となっています。

潜在看護師が復職しない理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

まだ子供に手がかかる

育児の大変な時期は脱したものの、まだ急に熱が出て対応しなければいけないこともある。2人目、3人目も考えている。まだ子供に手がかかり、復職できないパターンです。

病院内に保育所があると助かりますが、子育てをしながら夜勤にも入れるかというと心配が残ります。急に子供に何かがあったからといって、仕事中に帰るわけにもいきません。

やはり子供に手をかけたいと潜在看護師が復職をあきらめるケースは少なくありません。

家事・子育てを優先したい

夜勤が不可能ならクリニックで働いたり、正規でなくてもパートとして働くという手もあります。とはいえ、昼間だけでもパートだとしても仕事がハードなのは変わりません。

仕事を終えたらクタクタで、家事がおろそかになることも。そのしわ寄せがいく子供や夫、家族に気を遣ってしまいます。

中には、また働きたいとは思っていても家族から復職を反対されている潜在看護師も。忙しいイメージがあり、家事や育児がおろそかになるのでは、と心配されがちなのが現実。

病棟勤務の他に看護師としての働き方があるのは知っていても、今は家庭を優先したい、という理由も潜在看護師には多いです。

ブランクがあって心配

出産や育児のために離職した潜在看護師に多い悩みです。子供が大きくなって今なら働けるけれど、ブランクが長くていきなり現場に戻るのは不安が大きいもの。

患者さんの命を預かる仕事は責任が重く、他の仕事のように単に復職して追いつくだけではこなせません。「戻ってみたら大変だった」と簡単に辞めてしまっては、周囲すべての人に迷惑がかかることも。

また最新の医療機器に対する心配や患者さんに対する責任感への不安もあるでしょう。

近年はブランクがある潜在看護師のためのセミナーやサポート体制も充実してきています。が、本人たちは「できるだろうか」と尻込みしていることがまだまだ多いです。

正直、看護師はもうこりごり

看護師になってはみたものの自分には合わなかった、と思っているパターンです。人間関係がややこしかったり、仕事そのものの厳しさもあって挫折した人も少なくありません。

新人時代や比較的低い年数で「向いていない」と辞めてしまい、全く違う職業に就いている潜在看護師もいます。挫折経験だけがあり、病院の仕事に戻ろうという気は起こりません。

結婚を機に、看護師を辞めてしまう人も。もちろん資格は持っていて潜在看護師ではありますが、家庭が経済的に安定していれば復職するつもりはないようです。

責任重大な仕事だから

看護師の資格を持っていても気軽に復職できない理由として、やはり患者の命に対して責任があるから、という面があるのは否定できません。

もし働き出して自分が重大なミスをしてしまったら、子供や家族にも迷惑がかかります。損害賠償が高額になれば、一家が離散することだって考えられますよね。

特に、子供の将来を思うと独身だった頃以上にプレッシャーがかかり、そう気軽には復職へ足を踏み出せません。

決して看護の仕事を嫌いになったわけではなくても「とにかくあの時は大変だったけどよくやれた、今もやれるかどうかはわからない」と思ってしまうのが現実。

看護の仕事に戻るには大きな壁が立ちはだかっているように感じがちです。

復職率向上への対策は?

では、上記のような理由から退職した潜在看護師が復帰しやすい職場環境を整えるために、どのような取り組みがなされているのでしょうか。

まず挙がっていた「拘束時間の長さ」や「不規則な勤務形態」については、夜勤の免除や短時間勤務、シフト作成の工夫などが有効と考えられますが、人手が足りていない現場ではなかなか改善は困難です。

この問題への対策として厚生労働省が平成25年に作成した資料では、「医療スタッフ全体の勤務環境を改善するため、医療機関による自主的な勤務環境改善活動を促進するとともに、医療勤務環境改善支援センターが医療機関の取組をバックアップするシス テムを構築」することを対策として掲げています。

ナースセンターを活用した施策

また妊娠や出産で辞めてしまった人は子供を保育園に預けられる時間だけ働いたり、結婚を機に辞めた人はパートナーと話し合って勤務時間を決められるような融通がきくのであれば復帰しやすいでしょう。

この問題に関して同資料では、「ナースセンターが、離職後も一定の「つながり」を確保し、ライフサイクルを通じて、適切なタイミングで復職研修等必要な支援を実施」することなどが対応策として掲げられています。

またブランクが長くて心配な人に向けては職場復帰前の訓練や情報提供の制度が設けられており、こちらのサイトでは全国の再就職を支援するセミナーの開催実績がある医療機関を紹介しています。

それぞれの潜在看護師がさまざまな理由で離職している中、それらに柔軟に対応し、働きやすい、働きたいと思えるような環境整備への取り組みが国やナースセンター、病院などで行われています。