働きながら看護師・准看護師を目指す方法・コツを紹介

働きながら看護師・准看護師を目指す方法・コツを紹介

J
JobStep編集部
公開, 更新 ,

看護師になるには、看護師学校に通った後に国家試験を受験して資格を取得することが一般的とされていますが、実は病院で働きながら看護師・准看護士の資格を取得する方法もあります。

今回はそんな病院で働きながら看護師・准看護士の資格を取得する方法をご紹介します。

病院で働きながら看護師になる方法

看護師というのは意外にも、病院で働きながら資格習得ができる職業です。

以下では、それを実現するためのルートをいくつか紹介します。

准看護師の資格を取ってから看護師を目指す

働きながら看護師を目指すためには、いくつかの方法をとることができます。その中で最も正確でオーソドックスなものは、看護助手から准看護師、そして正看護師へとキャリアアップする方法です。

そこでまずは、働きながら准看護師の資格を取得してから正看護師の資格を取得する方法から紹介します。

看護助手勤務をしながら2年制の准看護学校で資格勉強

准看護学校は昼間定時制の学校が多く、働きながら履修可能な場合が多いです。週に3日は終日学校に行き、他は仕事にあてるようにして、まずは准看護師の資格取得を目指します。

他の職種を続けながら履修すると資格取得まで苦労するので、看護助手と並行して学校に通えば現場でも学校や資格勉強についての理解を得られやすいはず。

一般企業に勤めていても准看護学校に入学することは可能ですが、看護助手として働いていた方が面接官の受けがよいようです。

問題となるのが実習期間の存在です。週5日が終日潰れてしまうので、あらかじめカリキュラムを職場に相談しておかなければなりません。

看護助手は人気が高い業種ですが、医療従事者として勤務するにはうってつけの職業です。准看護師資格は(ルールを逸脱しなければ)基本的には終身資格であり、試験を受けた地域以外でも有効な資格となります。

また、看護助手として働く病院の推薦で付属の学校に入学できるケースもあります。そのため勤務する病院を探す際は付属の学校があるかどうかチェックしてみるのもよいでしょう。

どちらかというと介護業務に近いところからスタートしますが、経験を積んでいくとできる業務の幅を少しずつ広げていくことができます。

看護助手として勤務しながら2年制の准看護師学校で資格勉強したのち、看護師を目指すという方は、次の方法がオーソドックスでしょう。

3年制の看護専門学校で看護師の資格勉強をしながら准看護師として勤務

准看護師の資格を取得できたら、次は国家資格である正看護師資格の取得を目指しましょう。三年制の看護専門学校は定時制があり、昼間定時制と夜間定時制の学校やコースから選べるので、仕事をしながら通えるようになっています。

業務との兼ね合いを考えながら選ぶのがいいでしょう。こちらも二年制のように週3日は学校に通い、他は仕事にあてる形になります。

実習期間は5日潰れるというのも同じなので、職場との相談は勿論のこと、激務になりすぎて資格取得が疎かにならないよう配慮せねばなりません。

准看護師として勤務しながら資格勉強をする場合、資格を取得する上で難しいとされているのが仕事との兼ね合い。勉強だけに専念していても取るのが難しい国家資格の正看護師ですから、簡単に取得できるものとは思わない方が良いでしょう。

准看護師実務経験を積んで2年制の通信制課程の看護専門学校を受講する

准看護師としての実務経験が5年以上あれば、通信制課程で学び、准看護師から看護師資格を目指せます。昔は倍の実務経験が必要とされていたのですが、厚生労働省による改正がなされてからは比較的目指しやすい要件になったと言えます。

余談ですが、正看護師と准看護師の業務内容はさほど現場で大きくは違いません。それにもかかわらず、初任給に大きな開きがあります。

また、職場の上下関係でもやはり正看護師の方が立ち場が高くなりがちです。もし長く勤務する業界だと思えるのならば自己研鑽の意味もかねて正看護師資格を取得しておくべきでしょう。

准看護師を挟まず最初から正看護師取得を目指す

現在社会人として働いている人はまとまった時間が取れない場合が多いため、あまり一般的とは言えませんが、准看護師を挟まずに最初から正看護師を目指す方法もあります。

以下では看護系の資格なしの状態から、正看護師を目指す方法を紹介します。

全日制の看護学校に通いながら正看護師を目指し、週末勤務

全日制なので授業内容もしっかりしており、最短三年で正看護師の資格を取得できるので、准看護師を挟むよりも早いと言えます。

学校によっては学費が比較的安く済みますが、週末のみ仕事をするのでは収入がさほど見込めません。よって、資金の余力や職場のサポートなど、何らかの補助がなければ厳しいものがあります。

働きながら看護師になれる病院の特徴・選び方

次に、実際に看護師を目指すうえでどういった病院で勤務するのがいいのかを考えてみましょう。

病院選びにおいて重視すべきポイントを解説するので、参考にしてみてください

1.看護学校就業サポートのある病院

看護学校就業サポートのある病院では、働きながら看護師を目指すサポートをしてくれる制度が充実しています。働きながら、勉強したことを実際の現場で活かすようなサポートをしてくれるのです。

また、学校との時間の調節もしやすく、職場に同じように働きながら看護師を目指す人が多いため、切磋琢磨しながら働けるという特徴があります。

インターネットで看護学校就業サポートと検索するかハローワークなどで看護学校就業サポートがある病院と伝えるとその制度を導入している病院を紹介してくれます。

2.看護師資格取得実績を掲載している病院

看護師資格取得実績を掲載している病院はそれだけの実績があるだけでなくそれだけの環境が整っているということです。また、そういった実績を見て求人に応募する人も多いため、お互いに刺激し合いながら働けるでしょう。

また、実績があるということは、過去に働きながら看護師を目指している人を受け入れたことがあるということです。

そのため、勉強するための時間を考慮してくれたり、病院側にそういった人たちへの理解があることが多いケースが多いです。

ただし、そういった理由から、このような実績のある病院は人気なため、求人を見つけたら早めに応募することをおすすめします。

3.規模の大きな病院

紹介状が必要な大きな規模の病院では人が多く、看護助手も併せて募集しているため働きながらでも看護師を目指すことができます。

規模が大きい病院では、できる治療の幅が違ったり、医療機器も最先端のものがある場合が多いです。そのため、看護助手でもできる仕事の幅が広がる可能性もあります。

なにより、最先端の医療に触れたり、さまざまな症状の患者への治療を経験することで、看護師になったあとも必要なスキルや活かせる情報を得られるでしょう。

また、人手不足なところが多いため、求人の数も多いでしょう。

4.看護師が不足している病院

看護師資格を取得したときにはその病院で働くというような条件があるかもしれませんが、病院のことをよく知っていて即戦力になる看護師を確保できるため、資格取得を応援してくれます。

また、看護助手として働いている間も、人手不足から、一般的な病院よりさまざまなことを経験させてもらえたり、看護師へのサポートの幅も広くなることがあります。

看護師として働く際に必要なスキルや情報を、現場で身につけられるのと、実際に看護師として働く際にかなり有利となるでしょう。

5.看護学校を持っている病院

看護学校を持っている病院では、就業時間などの融通を利かすことができます。病院側が働きながら看護師を目指している人の事情を理解している場合が多いため、安心して働くことができます。

さらに、自分と同じように働きながら看護師を目指している人が多いため、困ったときは相談したりアドバイスをもらったりして、助け合いながら働くことができるでしょう。

6.アットホームな病院

アットホームな病院は働いている人の人間性が優しいため、看護師になることを応援してくれます。

相談に乗ってもらったり、看護師から直接アドバイスをもらったりすることができるでしょう。

また、実際の看護師から勉強法を聞いたり試験についての情報を得られるのでおすすめです。

7.求人票の記載内容に注意する

求人をよく出していて写真が職員全員の笑顔の集合写真で「明るく楽しい職場です」というような言葉が記載している病院は注意した方がいいです。

理由は、実際にそのような職場なら辞める人も少なく求人を出さなくても職員が足りているからです。

求人票をみるときは、しっかり注意して見るといいでしょう。実際に病院の名前を検索して実際の評判を見ることも可能ですし、患者の感想も見ることもおすすめします。

転職サイトを利用して病院を探そう

資格の勉強をしながら仕事をするのであれば、そのことに理解がある職場でなければ厳しいです。しかし就学支援求人を出している職場は非常に少ないのが現状であり、病院だとしてもあまり業務に影響のない人材を登用したがります。

それでも諦めずに探してみれば、意外と協力的な職場環境だったというケースも。看護師の知り合いに聞いてみたり、病院の採用担当の方に伺ってみるのも手です。表立って書いてはいなくても、実際は向学心のある良い人材を欲しがっているかもしれません。

奨学金を出す代わりに学校卒業後数年間、お礼奉公としてその病院に就職するというケースも聞かれます。

看護助手の仕事を探すときにおすすめなのが、マイナビエージェントです。看護師資格を持っていない方でも就業できる職場も多く掲載されているので、これから看護師を目指す方でも利用することができます。

専任のコンサルタントが自分の細かい希望を聞いた上で、自分に合った求人を紹介してくれます。また、相談だけ乗ってもらうことも可能です。

本格的に看護師の仕事を考えていない人も、求人情報にアクセスしたり、コンサルタントに相談したりするだけで、いざ看護師を目指すとなったときにかなり有利になるでしょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)