看護師の初任給はいくら?夜勤回数や地域差によって変動する傾向

看護師の初任給はいくら?夜勤回数や地域差によって変動する傾向

J
JobStep編集部
公開, 更新 ,

給与が高いと言われる看護師。2017年の事院統計書調べによると、看護師の平均年収は525万円。20代で月収28万、30代で月収33万、40代で月収35万となっています。看護師は基本的に年功序列であるため、勤続年数と共に給与は上がっていくことが多いです。

国税庁が2017年に実施した、「民間給与実態統計調査結果」によると、日本人の平均年収は432万円。そのため看護師は平均よりも100万円程年収が高く、やはり高給取りな職業といえます。

そんな看護師の初任給事情について解説します。

看護師の初任給は?

2017年の日本看護協会が発表しているデータによると大学卒の看護師の平均給与額は27万3,854円、高卒+3年課程卒の看護師の平均給与額が26万6,041円でした。

そのほか職種の平均的な初任給は大学卒で19万9,600円、高卒+3年課程卒で17万100円といわれています。看護師の初任給は平均よりも10万円ほど高い金額になります。

この初任給は、基本給に住宅手当、家族手当、地域手当、夜勤手当などの諸手当を含んだものです。

施設にもよりますが、2交代制の夜勤手当は概ね1万円から1.5万円くらいだと言われているので、月に4回夜勤が入った場合には、4万円から6万円が基本給に上乗せされています。

逆に、夜勤のない職場での看護師勤務では給与が20万円強となり、大卒OLと同等程度の金額であると考えることもできます。

看護師初任給の手取りはいくら?

手取りは、初任給から所得税、住民税、健康保険料、雇用保険料、厚生年金などが引かれた金額のことをさします。勤め先の病院によって差はありますが、税込額の20%ほどが天引きされると考えてよいでしょう。

実際にもらえる初任給は看護師になりたてで、夜勤回数も少ないことが多いので20万円~21万円ほど。看護師の初任給の手取り額に関するアンケートでは、回答者1558名のうち、4月の手取り給料が「15万円以下」が15%、「15万円から20万円」が42%でした。

つまり、合わせて57%の看護師の初任給は、20万円以下という結果になっています。

地域や病院の種類によっても給与に差が出る

地域や病院の規模によっても、初任給の給与額に差ができます。

日本看護協会のデータによると、47都道府県の看護師の初任給の平均で、一番高いのは千葉県、一番低いのは山口県で、その差は実に36,200円です。

経営母体で分けた病院の比較を見てみると、最も高かったのは、学校法人が経営する大学病院などの施設。一方最も低かったのは、公的医療機関である公立病院などの施設でした。その差は13,000円です。

このように、勤める土地や病院の種類によっても、初任給の金額に差があります。

今後の上がり幅は?

初任給はどうしても低くなりがちですが、先述したように、1年目では夜勤回数が増えるに連れて、給与額も増えていきます。平均月給が27万円程度なので、手取りとしては20万円を上回ってくることも多くなるでしょう。

勤続年数が伸びたり、役職や資格を手に入れたりすることで、年功序列的に給与額も大きくなっていきます。