看護師の志望動機は何を書くべき?失敗しない例文付きで紹介

看護師の志望動機は何を書くべき?失敗しない例文付きで紹介

J
JobStep編集部
公開, 更新 ,

看護師になりたいけれど、志望動機の欄にどんなことを書けば良いのかわからないと悩んでいませんか?

「看護師として受かる志望動機が知りたい」そんな人のために今回は、看護師の志望動機の書き方について紹介します。

マイナビ看護師では、キャリアアドバイザーが志望動機書を添削してくれます。自分だけで良い文章を書く自信がない人はぜひチェックしてみてください。

マイナビ看護師に登録する(無料)

志望動機は自己PRのチャンス

志望動機は、自分が面接官に自分自身のことをプロデュースするチャンスです。

面接官も志望動機を参考に人材を判断していますから、志望動機をはっきりと書いて、自分自身を表現してみましょう。

またその病院で働きたいという熱意を伝えること、自分がその病院で活躍できる長所をアピールしていきましょう。

まずは病院が求める人材像を理解する

大切なのは、面接官、ひいては病院から「なにが求められているのか」を知ることです。

志望動機に書くべきことは、「なぜあなたがその病院を選んだか」ではなく、「自分がいかにその病院に合った人材か」というアピール。

病院側は特に以下の3つを求めている場合が多いです。

  • すぐに辞めない人
  • 即戦力、新卒であってもできるだけ早く一人前になる人
  • 組織に適合できる人(スキル、人間性)

上の3つを参考に相手にとっていかに自分が「欲しい人材」であるかをしっかり書いてみましょう。

病院が求める人材であると伝える文章をつくる

病院が求めている人材であるということをアピールするために、汎用的に使える表現は以下のような文章です。

例文とともに紹介します。

やる気をアピールする

自分にはこれだけやる気があります、その病院で主体的に動くだけの気力がありますとアピールすることが大切です。

「自分の長所を活かすことで病院に貢献できる」「肉体的・精神的に、私はあなたの病院でしっかり仕事をこなすことが出来る」など、病院にとってもメリットになるアピールをしましょう。

例文

  • 中・高ともに体育会の部活に所属していたため、肉体的・精神的に強く仕事と向き合う自信があります。
  • アルバイトを通じて人と接する仕事にやりがいを感じ、感謝された時の喜びが忘れられないため、医療の現場でより患者さんと向き合い笑顔を守りたいです。

仕事内容と自分がマッチしていることを伝える

看護の仕事と自分自身がしっかりと合致していることを伝えることで説得力が増します。そのために「なぜ看護師を目指すに至ったのか」を実体験などを織り交ぜて書いてみましょう。

「なぜ看護師資格をとるに至ったか、なぜ看護師が良かったのか」を説明することで看護師をしたいから、あなたの病院で看護師をしたいに繋げることができます。

例文

  • 母が看護師で幼い頃から、看護の仕事のやりがいを聞いて影響を受けたからです。
  • 自分が大きな怪我・病気を患った際にお世話になり、私自身も人を救う立場になりたいと感じたからです。

そこの病院で働きたいことを伝える

なぜ看護師の仕事がしたいのかを伝えた後は、数多くの病院がある中でもどうしてそこの病院で働きたいのかを伝える必要があります。

「福利厚生がいいから」「夜勤なしで働けるから」などの消極的な理由は避けましょう。また「理念に共感しました。」などの誰にでも言えてしまうような動機も、病院側からすれば当然だと感じます。

例文

  • 幼い頃からたくさんお世話になった病院に還元したいからです。
  • 看護師の業務と並行して、保健師や助産師の仕事に携わり看護師としてのスキルを高めたいからです。
  • 地域の中でもより基盤のしっかりした病棟で、多くの患者さんを手助けしたいと感じたからです。

診療科別の志望理由

ここからは診療科別の志望理由を見ていきましょう。

内科

・6年間の内科勤務の経験を活かし、より高度な治療を強みとする貴院で看護師としてのスキルを伸ばしていきたいと考え志望します。

・これまで小さな病棟で経験を積んできましたが、キャリアアップを考え、大規模病院できめ細かいケアを提供している貴院を志望します。

外科

・これまで5年間、混合病棟で手術前後や化学療法の看護を経験してきました。その経験を活かしながら貴院でより外科の手術看護のスキルを向上させたいと考え志望します。

・貴院は「信頼される看護の提供」を理念としており、私自身も患者様から信頼され頼られる看護師に成長したいと考えているため、貴院を志望します。

小児科

・子どもとコミュニケーションをとることが好きで、小児科の仕事に対して1番やりがいを感じているため、小児専門院として定評のある貴院を志望します。

・出産や子育てを経て、その経験を活かしながら子供の笑顔と健康を守る看護の仕事がしたいと考えたため、貴院を志望します。

志望理由に書くべきではないこと

志望理由として自己アピールを書く場合に、上記に当てはまっていれば書くべき内容は自由です。

しかし、どれだけいいことを書いていても、逆にこれを少しでも書いてしまうと採用担当者からの印象が一気に悪くなって必ず落とされるという絶対に書いてはいけない事柄も存在します。

以下にそのような文章の例を紹介します。

受け身な文章

受け身な文章はNGです。

これは例えば、病院の研修制度や教育制度が充実していることを挙げるものです。教えてもらう気ばかりで、自発的に組織に貢献しようとしていないと見られます。金を払って勉強する学校と違い、会社は給与を受け取りながら貢献するものです。

それを頭に入れて、「基礎を学んでいきたい」などの文言は避けるようにしてみましょう。

自己中な理由

これは主に、給料や待遇にばかり話を向けた場合です。

例えば「福利厚生が充実している」など、頂くものばかりに意識を向けてしまうのは要注意。

金の切れ目が縁の切れ目という言葉がありますが、もっと待遇が良ければよそにいくのかと思われてしまうかもしれません。

受け売りの内容

例えば、「貴院の○○という理念に感銘を受けました」などの受け売りで話す文章はNG。

理念や行動指針などを引用するのはOKです。どこにどう感動したのか、どういう風に考えたのかまで書かないと、自発的に考えたとは思ってもらえません。

どうしても書けないときは、プロキャリアアドバイザーの力を借りよう

どうしても上手く志望動機が言葉にできなくて、書けない。ということもあるでしょう。もしあなたがどうしても行きたい病院なのであれば、プロキャリアアドバイザーの力を借りるのも1つの方法です。

転職サイト「マイナビ看護師」は、看護師に特化した転職サイト。自分の強みやアピールポイントを客観的に判断して、履歴書の添削してくれるサービスもあります。またよりおすすめの職場を紹介してくれる可能性もあります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみるのがいいでしょう。

マイナビ看護師に登録する(無料)