看護師の身だしなみまとめ。ピアス・服装・アクセサリー・髪の許容範囲は?

看護師の身だしなみまとめ。ピアス・服装・アクセサリー・髪の許容範囲は?

J
JobStep編集部
公開, 更新 ,

看護師で働く人は、病気の人をケアすることが仕事です。そのためファッションに興味がある人であっても、派手な格好をすることを控えなければならないことがあります。

病院によっては、就業規則などで服装やアクセサリーなどについてのルールが設けられている場合もあります。ここでは看護師のピアス・メイク・服装・髪型・髪色・アクセサリー・ネイルについてのマナーを紹介します。

看護師のピアス

外れて落ちたピアスによって患者がケガをしたり、子どもや不穏な患者がピアスを引っ張るという可能性が考えられるため、業務中のピアスの着用は避けましょう。

休日の着用は問題ないですが、ピアスホールから感染症に掛かるおそれもあるため、看護師は基本的にピアスの着用を避けたほうが無難です。

看護師のメイク

看護師が、メイクをすることを禁止している病院は少ないでしょう。しかし、奇抜なメイクをすることは暗黙の了解で禁止されています。

患者さんの中には年寄りや子どもも多く、濃すぎるメイクをしているとその見た目から恐怖心や不安感を与えてしまう可能性があるので、派手なメイクは控える方が賢明です。

看護師の服装

看護師の多くは白衣を着て仕事をしますので、病院で着替える限り、私服についてはどのような格好をしていても問題ありません。

しかし、白衣の生地によっては下着が透けてしまう場合もあるので、下着が透けないようにキャミソールなどの適切なインナーを着用しましょう。

看護師の髪型

看護師は一般的な社会人と比べ、より一層衛生面に気を付けなければなりません。誰から見ても清潔感のある髪型が求められます。

そのため、髪の毛が長い人は一つに結んだりしたりして清潔感を保ちながら、仕事の邪魔にならないようにすることが大切です。

ヘアスプレーやジェルなどの過度な使用も避けましょう。

看護師の髪色

髪色についても、化粧と同様に、あまり派手すぎると他人に恐怖心や不安感を与えてしまします。看護師の職務の意味を考えると、これは適切ではありません。

染髪事態が禁止されている病院は少ないので、地毛以外の色であれば、黒~茶の範囲に収めましょう。

看護師のアクセサリー

看護師の場合はアクセサリーは控える方がよいでしょう。頻繁に手の消毒をしたり手を清潔に保つ必要があります。

指輪の汚れから、そこからさまざまな感染症を引き起こすということもあり得ます。また、ネックレスなどが患者さんの世話をしている最中に邪魔になってしまうこともあります。極力避けるようにしましょう。

看護師のネイル

女性にとってネイルはお洒落の一部で、毎日綺麗に手入れをしたいと思うかもしれませんが、爪は短く切りネイルアートは避けましょう。

看護師は採血をしたり、患者さんの入浴の世話をしたりすることがありますので、長い爪やネイルアートで患者さんを傷つけてしまわないようにしなければなりません。細かい作業の邪魔にもなります。

休日にネイルを楽しむようにしましょう。