看護師・看護学生が利用できる奨学金制度の種類・特徴・注意点:病院で働けば奨学金免除も

看護師・看護学生が利用できる奨学金制度の種類・特徴・注意点:病院で働けば奨学金免除も

J
JobStep編集部
公開, 更新 ,

看護の勉強をしたい、でも経済的にちょっと不安があるし、特待生になれるほど成績にも自信がないと悩んだ時には奨学金制度を確認してみましょう。

奨学金制度を取り入れている看護学校は多く、奨学金は看護学生の学びをサポートしてくれるものです。

一方で、奨学金については十分な理解をしておかないと後で困ってしまうことも少なくありません。以下では、奨学金の種類や特徴と、利用する際の注意点について紹介していきます。

奨学金制度の種類

奨学金制度には、いくつかの種類があります。貸し付けをしている組織によって分けられており、大きく分けると、日本学生支援機構によるものと、その病院独自のものがあります。病院独自のものは、自治体や大学OB、企業による支援が入っているものが多いです。

独立行政法人日本学生支援機構の奨学金

日本最大規模の公的奨学金制度です。対象は看護学生に限らず、多くの大学生らが利用しています。

日本学生支援機構の奨学金には、無利息のもの(第一種)と利息付のもの(第二種)の2つの種類があり、特に無利息型のものについては学力・経済力などの審査があります。

参考:日本学生支援機構

病院奨学金制度

個別の病院や病院グループ独自の奨学金制度で、対象は看護学生のみ。

ほかの奨学金制度と併用可能で、卒業後、その病院で一定期間働くことにより返済が減額または免除されるという仕組みになっている制度が多いです。

参考:国立病院機構

看護学生では病院奨学金制度の利用が一般的。返済システムは?

看護学生の間では、後者の病院奨学金制度の利用が一般的です。

これは同窓会や保護者会からの支援によるもので、返済システムは貸与型と給付型に分かれます。貸与型は返還が必要で、給付型は返還が不要です。

病院奨学金は前者の貸与型が圧倒的に多くなっています。そして貸与型の奨学金の場合、その病院から奨学金を貸与される代わりに、卒業後その病院で一定期間勤めあげれば返還が免除されるというシステムを採用しているものが非常に多いです。

つまり、基本的に就職活動は貸与を受けている病院以外にはできません。貸与してもらえる病院を決めた時点で卒業後の進路が決まっているということですから、貸与を受ける時には安易な気持ちで決めずに、保護者や教師に相談しながら慎重に考えましょう。

病院奨学金制度利用のメリット

病院奨学金制度を利用するメリットについて紹介します。経済的な心配がなく勉強に専念できるのはもちろん、卒業後その病院で一定期間勤めあげれば返還が免除されるというのは大きなメリットです。

経済的に進学をあきらめなければならない人でもチャンスがあり、授業や実習が忙しく、アルバイトをする時間がなくても生活できるのが嬉しいですね。

病院奨学金制度利用のデメリット

一方で、卒業後の進路は制限されてしまいます。必ず奨学金を受けた病院で働かなければいけないということで、卒業後に行きたい病院があってもすでに就職先が決まっているため、働く先を変更することはできません。

また、就職後も一定期間は仕事を辞められません。卒業した後も月々の返済のため、給料や賞与は自由に使えず、収入があっても自由がきかないというデメリットもあります。また、仕事が想定以上に厳しかったとしても、無理して働かなければならないというプレッシャーもあるでしょう。

なお、指定期間内に病院を辞める時は全額一括返済しなければなりません。

気軽に利用できると言っても奨学金は立派な借金ですから、申し込む時にはデメリットについてもう一度よく考えてみましょう。

奨学金の返済が困難になってしまった時の手続き

社会問題として報道されているように、経済的や身体的な理由に奨学金が返せなくなった人は最近増えています。

病院奨学金を借りて看護士として就職した人でもすぐに何らかの理由で病院を辞めてしまえば奨学金の返済に迫られてしまいます。奨学金はお金を借りる意味では借金と同じなので注意が必要です。

とはいえ現実的に奨学金を返せなくなる事態に陥ることは誰にでも起こりえます。そのような場合は、以下のような手続きを踏むことになります。

減額返済

日本学生支援機構によると返済困難者のためにいくつかの対処法があります。その一つが減額返済で、返済額を二分の一または三分の一に減額して返済してくれる方法です。一定の期間だけ減額することで返済者の負担を減らしてくれます。

借金の額や利息が減るわけではないので、将来的な負担は変わりません。

返済猶予

返済を一定期間停止してくれる制度のことです。減額返済とは違い申請した期間中は奨学金を支払う必要が無いので、その間の負担はありません。この猶予期間中に返済できる体制を整えることを目的としています。

もちろん期間が終わればその分の利息を払ってくいくことになります。

返済免除

一切の返済または、一部の返済が免除される制度です。

本人の死亡または、高度の身体的、精神的障害を負ったために労働能力が失われたときに申請すれば奨学金の返済は免除されます。

返済免除の条件に当てはまらない人の場合は、資産差し押さえや自己破産といった手続きを行うことになります。

奨学金の利用は計画的に

上記のように、様々な救済処置は用意されていますが、奨学金は返すことが前提の借金です。借入をする前によく考えてから利用することが大切です。

奨学金は何故借りるのかだけでなく借りた後のことまでしっかりと考えることが大切です。自分の将来をダイレクトに左右することなので、家族ともしっかり話し合いましょう。