小児科で働く看護師の働き方・仕事内容:給与ややりがいも紹介

小児科で働く看護師の働き方・仕事内容:給与ややりがいも紹介

J
JobStep編集部
公開, 更新 ,

小児科の看護師の主な勤務先は、大学病院・総合病院・小児総合医療施設・小児科クリニックになります。小児科では生まれたばかりの乳児から15歳程度までの小児を対象とし、外傷以外のあらゆる疾患を治療しています。

「子供が好き」という理由から小児科看護を目指す看護師は多く、新卒看護師の志望診療科として非常に人気です。また小児科は転職先としても人気があり、競争率は高い傾向にありますが、経験者を対象としたパートなどの非常勤求人は比較的多くなっています。

そんな小児科看護師の仕事内容・給与・休暇を含め、やりがいなどについて紹介していきます。

小児科で働く看護師の仕事内容

小児科病棟で働く看護師の仕事内容は、医師の診察介助・採血・点滴・観察など、一般診療科病棟と大きく変わることはありません。

しかし、子供は大人と異なりあらゆる身体機能が未熟です。そのため、病気の症状や治療による副作用の現出が急激であったり、子供が自分で点滴を外してしまったり、薬を飲むまで1時間かかったりするなどイレギュラーなことが多く、成人患者の看護とは違った対処・工夫が必要になります。

小児科病棟では、子供たちに食事を食べさせたり、お風呂に入れたりなど日常生活援助も医療処置に加えて、看護師の仕事になります。また保護者と離れて入院している子供たちの孤独・不安を和らげ、平穏に過ごしながら回復、成長できるよう、子供たちのメンタル面も親身に支えなくてはいけません。

自らの体の不調を上手に訴えることができない子供たちに対して、いつもと異なる表情や泣き方をいち早く察知して、対応する力が看護師に求められています。

保護者のメンタルサポートも重要な仕事

小児科看護の対象は、子供だけでなく、その保護者も含まれます。病状や治療内容など説明は医師が行いますが、小児科看護師はそれを保護者が理解し納得できるよう、また治療に協力してもらえるよう医師のサポートをしていきます。

また、実際に治療を受けるのは子供であるため、本人にも検査・処置の内容について、年齢・理解能力に応じた方法で説明していく工夫も必要です。

小児科で働く看護師の給与

小児科で働く看護師の給与と各種手当は、他診療科で働く看護師と変わりません。

したがって、他科と同様に、夜勤がある常勤かもしくは日勤のみかによって給与は変わってきます。

小児科看護師のやりがい

小児科病棟に入院している子供たちの悩みは様々です。自身の疾患によって変わる日常生活への不安であったり、健康だった以前の自分と比べたときの葛藤であったりします。そんな子供たちに対して、小児科の看護師は正面から向き合います。

これは子供自身が納得して治療を受けないと心に傷が残ってしまうためで、看護師は人形を使ったり、DVDを見せたりしながら、子供たちの発達段階に合わせて、共に考え、問題が解決できるよう支えます。

それを受けて、子供が疾患の辛さを抱えつつ悩みに立ち向かい、小さな頭で考えその子なりの答えを見つけていく姿は、小児科の看護師にとって子供の成長を頼もしく感じられる機会であり、自身がその過程に関われたことは大きな喜びとなります。

また、前述したように、小児科看護は子供だけではなくその保護者も含むため、小児科看護師は保護者と協力的な関係を築き、子供への最良の看護を共に作り出していくために、率先して保護者とコミュニケーションをとる必要があります。

ある病棟看護師は、食事の形態を上げていくための一週間の計画を事前に母親に見せ、母親も看護に関われるような環境を作ったところ、母親の要望も加えた納得できる計画を立てることができ、治療上必要な看護と保護者の意向とをマッチングできたことに充実感を感じています。

小児科看護師のメリット

子供が好きという気持ちの強い小児科看護師にとって、子供たちと日々触れ合えることは小児科で働く大きなメリットです。

多くの小児科看護師が、子供たちの素直な反応や純粋な笑顔に、心地よい感情をもらいながら働いていると実感しています。小児科看護師は子供たちと折り紙やお絵描きをして一緒に遊んだり、クリスマス会や誕生日会などのイベントを企画して子供たちと一緒に楽しんだり、病室での看護以外にも子供たちと触れ合う機会は数多くあります。

小児科看護師のデメリット

小児科の看護師として働くには、子供が好きであるということは必要条件ですが、それに加えて子供専用の処置器具を扱うための高い医療スキルが求められます。

子供の血管は大人よりも細いため見つけるのが難しく、またその細い血管に対しては子供専用の小さな注射針を使用するため、細かい操作が必要となります。

したがって、採血や点滴などの医療処置に強い苦手意識がある看護師にとっては、小児科での子供専用器具を使用する毎日は、緊張やストレスを多く伴う可能性があります。

まずは転職サイトで、求人チェックをしてみて

おすすめの転職サイトは、マイナビ看護師です。

マイナビ看護師では、医療機関ごとに担当者がいるため、求人情報をいち早くキャッチアップ。採用状況や、職場体制の把握、欲しい人材についての理解が深いため、転職後のギャップや、内定がもらえないといったことは引き起こりにくいです。

また株式会社マイナビでは、マイナビ看護師以外にも、マイナビDOCTOR・マイナビ薬剤師・マイナビコメディカルといった医療特化の求人サイトを運営しているため、医療業界の転職支援には、豊富な知識・実績はあります。

あなた専用のプロのアドバイザーが、理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場を紹介してくれます。履歴書添削や面接対策もおこなってくれるため、はじめて転職をおこなう人も安心して活用できます。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみるのがいいでしょう。

マイナビ看護師に登録する(無料)