助産師と看護師の違い:仕事内容・資格・年収まで違いは大きい

助産師と看護師の違い:仕事内容・資格・年収まで違いは大きい

J
JobStep編集部
公開, 更新 ,

妊娠・出産経験のある人は、とてもお世話になったであろう助産師さん。

総合病院で勤務する助産師さんは、ユニホームも同じであることが多く、看護師さんと見分けがつかなかったりしますが、看護師と助産師には、大きな違いがあります。

【2015年12月 求人数急上昇ランキング トピックス】

また、株式会社ビズリーチが運営する日本最大級の求人検索エンジン「スタンバイ」の調査によると、求人数急上昇ランキングは看護師を抜いて、堂々の9位を獲得しています。

そんな、今需要が高まっている大注目の助産師さん。

今回は、看護師と助産師の違いや、助産師を目指すのに必要なこと、助産師の仕事内容や年収についてまとめてみました。

そもそも助産師とは?

助産師とは、助産師資格をもった看護師さんで、妊娠や出産にかかわり、妊婦さんがスムーズに出産できるようにサポートする人のことを指します。

その役割は様々で、出産時での医師のサポートや妊産婦と新生児のケアを中心に、幅広い役割を果たします。

妊婦の健康管理、食事・運動の指導、出産後の体調管理、母乳指導、乳児指導など、妊娠から出産、育児に至るまで、母子の健康を守るための一連の管理・指導活動を行うのが助産師です。

看護師と助産師の違い

では、ここからは看護師と助産師の違いについてご紹介していきます。

1. 女性しかなれない

看護師や産婦人科医は、男性でもなれますが、助産師は女性しかなれません。

最近は男性の小児科ナースや保育士、幼稚園教諭も増えていますが、助産師だけは妊婦の女性としての権利を守るために、男性の就業が認められていません。

2. 看護師資格にプラスして助産師資格がいる

看護師は看護師国家試験に合格し、看護師免許を得ます。助産師になるためには、さらに助産師免許が必要になります。

助産師免許を取得するには、看護師免許取得者が、指定の養成期間で1年以上の教育と実習を行った後、助産師国家試験に合格する必要があります。

3. 医師の指示を必要としない

看護師は、基本的に医師の指示がないと処置や看護業務を行うことができません。さらに、赤ちゃんをとりあげる助産行為に関しては、たとえ医師の指示があっても看護師が行うことはできません。

しかし、助産師であれば、正常な経過をたどる妊娠・分娩ならば医師の指示がなくても助産師の判断のみで助産行為を行うことができます。病気を持った妊産婦の分娩、帝王切開や吸引分娩などの異常分娩は取り扱えません。

4. 給与が高い

女性の一般労働者に比べて平均年収が高いと言われる看護師ですが、助産師は看護師よりもさらに知識を持ち、資格が必要な事もあるので、基本給は高い傾向にあります。

勤務する病院やクリニックの状況によって様々ですが、基本的には看護師よりも高くなります。厚生労働省のデータによると、看護師よりも助産師のほうが平均年収に90万円もの差があります。

さらに、大学病院や公的な病院になると、助産師資格を持っているだけで基本給が上がることもあるようです。

5. 開業権を持つ

前述した通り、助産師は医師の指示がなくても助産行為をおこなうことができます。

このことから、助産師は医師と同様に開業権を持っており、助産院を開業して、妊婦検診もおこない、妊娠初期から出産までを、ほぼ助産師だけでサポートすることも可能です。

また、病院でも、母乳外来・助産師外来などで、助産師単独で妊産婦・母親に対する保健指導や母乳マッサージなどをおこなうこともできます。

6. 妊娠前から退院まで寄り添ってサポートできる

看護師の場合、周産期~新生児、乳児の看護や援助を行う場合、妊娠前の女性は婦人科、妊産婦は産婦人科、新生児は小児科やNICUなど、乳児は小児科といった具合に、一組の母子を看護するのに必要な診療科は多岐にわたります。

持病がある妊産婦の場合、さらにその持病によって対応する診療科が変わり、1本筋のとおったサポートがむずかしい場合があります。

それに対し、助産師は、妊娠前から出産後までの母子のトータルサポートができるので、母子全体の把握をすることができます。

妊産婦にとっても、妊婦検診のときと出産のときと退院のときと、すべて先生が違う、ということがなく、信頼できる助産師と共に安心して出産にのぞむことができるようです。

助産師と看護師の違いまとめ

一言でまとめると、看護師のさらにステップアップしたのが助産師さんで、大変だけれども生命の誕生に寄り添えるとってもやりがいのある仕事です。