助産師から看護師に転職しても大丈夫?可能だが年収が減るデメリットはある

助産師から看護師に転職しても大丈夫?可能だが年収が減るデメリットはある

J
JobStep編集部
公開, 更新 ,

助産師として働き出したものの、さまざまな事情から看護師への転職を考えている方が少なくありません。資格があるとはいえ、看護師への転職は簡単なのでしょうか。

そこで、仕事内容の違いや転職する場合のメリットデメリットなど、転職すべき人が気になる情報をまとめました。

助産師と看護師の仕事内容の違い

看護師は産婦人科以外にも活躍の場があります。小児科や成人医療など、キャリアの選択肢は幅広いです。特定分野の認定看護師を目指すという道もあります。

出産のスペシャリストとして仕事をする助産師に比べると、看護師は患者の層は広いです。勤務先となる科にもよりますが、成人男性や高齢者の看護をする機会が増えるため、性別や年齢に適した患者への配慮が必要になるでしょう。

また、採血や点滴と言った実務が増えるため、手際よく業務をこなす看護技術が求められます。

助産師が看護師に転職するメリット

1.キャリアアップしやすい

幅広い知識を持った経験豊富な看護師は、医師や患者から頼りにされる存在です。例えば、妊婦にとっては通常の看護師よりも、助産師としての経験がある看護師のほうが心強く感じられるでしょう。

産婦人科以外でも、妊娠している患者や付き添いの人とのコミュニケーションに役立ちます。妊婦の信頼を得て、安心感を与えてあげられるのは助産師経験者ならではの強みです。

また、専門分野の実務経験を積むことで、専門看護師や認定看護師といった選択肢が生まれます。再度転職して、助産師として働く場合に活かせる認定看護師の資格もあるため、将来を見据えて看護師に転職することでキャリアアップに繋がるでしょう。

2.転職へのハードルの低さ

助産師は看護師免許を持っているため、転職へのハードルは低いと言えます。例えば、歯科衛生士や介護士から、看護師へ転職する場合はまず看護学校へ通わなければいけません。大学や専門学校に時間と費用が掛かるため、転職に悩む人も多いです。

それに比べて助産師は勤務先さえ見つかれば看護師として働き始めることができます。すでに所持している資格を活かせるのは大きなメリットしょう。

助産師が看護師に転職するデメリット

1.年収

助産師に比べると看護師の平均年収は低いです。年収にして約90万円も違うといわれるため、看護師に転職する上での大きなデメリットとなります。

少子化の時代においても助産師は人気です。その背景には、深刻な産婦人科医不足があります。助産行為が可能な助産師は社会に必要なのです。あえて、看護師に転職するからには、転職先の人事に不審がられないためにも目標をはっきりとさせておく必要があります。

2.看護技術不足の不安

助産師から看護師への転職後、実務において一番のネックになるのは看護技術です。助産師としての仕事や産婦人科の業務では、注射や点滴を行う機会が他の科に比べて多くありません。このため、他の科での仕事始めは患者や同僚から技術不足を指摘され、辛い思いをすることがあります。

また、畑違いの科に転職する時は看護技術だけでなく、専門知識や感染症対策など、病院のルールやリスク管理を覚えなくてはいけません。技術や知識不足から人間関係に悩む人も多いので注意が必要です。

助産師から看護師へ、転職すべき人

看護師への転職が向いているのは、幅広い医療知識を身に着けたい人です。看護師となれば様々な科で働くことができます。妊婦だけでなく、成人男性や小児の看護をするので、助産師では経験できないことを多く学べるでしょう。

また、不妊治療や新生児ケアといった専門分野について深く学びたいという人にも転職のメリットがあります。専門知識をしっかりと身に着けた後で、再び助産師として働くこともひとつのメリットとなるからです。

看護師への転職方法

看護師への転職は看護師専門転職サイトや転職エージェントがおすすめです。ハローワークを利用することもできますが、看護師専門の求人情報サービスのほうが探しやすいでしょう。

また、口コミを頼りに転職先を探すことも有効です。助産師として勤務していた頃に築いた人脈を辿ることで、より具体的な職場の情報を得られるでしょう。

中でもおすすめは看護師専門の大手求人サイト「マイナビ看護師」。業界経験豊富なキャリアエージェントが転職活動をサポートしてくれるので、特殊な転職でも安心です。

すべて無料で利用可能なので、ぜひ登録して利用してみてください。

マイナビ看護師に登録する(無料)