看護師の副業がバレたときの対処法。周りには秘密、直接納付にしておくことが基本

看護師の副業がバレたときの対処法。周りには秘密、直接納付にしておくことが基本

J
JobStep編集部
公開, 更新 ,

民間病院に勤めている看護師の方は、基本的に勤務時間外に何をするのかは自由です。たとえ他の業務に従事していたとしても、それを取り締まるような法律は存在しません。

しかし、公立の病院に勤務している場合には、公務員として副業禁止となるので注意が必要です。また、民間の病院で働いている場合でも、病院によって副業を禁止するルールがある場合があります。病院の名誉や信用を傷つけるリスクがある場合には、罰則として懲戒解雇となることもあるので注意が必要です。

そのため、副業を始めようと思ったら、まずは副業が禁止されていないかどうかを確認するようにしましょう。その上で、副業をするかどうかを判断することが大切です。

ここでは、看護師の副業がバレたときの対処法を紹介していきます。

副業ではない収入があったとごまかす

病院が副業しているかどうかを知る手段は、基本的に税金の納付金額の不自然な変動によるものです。副業収入があると住民税が増えますが、その分も本業である病院の給料から天引きされる額に足されます。副業収入があると、この住民税が不自然に高くなるので、病院はその人に本業以外からの収入があったことを把握できるようになるのです。

しかし、それ以上の情報を手に入れることはできず、病院としてはその人がどこから収入を得ているのか、またどのくらいの収入の額を得ているのかまでは、正確にはわかりません。

それを自分から申告しなければならないようなルールはないので、副業で収入があったのではなく、不動産相続や投資などによる収入があった、自分ではなくパートナーや親の収入だったと言えば、ごまかすことができます、ただし、毎年この方法で言い逃れはできないので、来年以降は以下に記す方法を取って、上手く隠蔽できるようにしましょう。

税金を直接納付(普通徴収)にする

副業がバレてしまった場合でも、すぐに罰を受けるわけではありません。必ず副業をしているのかどうかについて確認があります。そのときに、副業を辞めると伝えれば、問題となることはほとんどないでしょう。

副業が病院にバレてしまう理由は、知り合いからの告げ口か、先述したような住民税からの情報しかありません。そのため、副業する場合には、同僚には絶対に言わないこと、税金を直接納付とすることが大切です。

税金の直接納付とは、副業で得た収入の住民税の納付については給与天引きの対象にせず、自分で直接納める方法のことです。副業の確定申告を行う際、直接納付(普通徴収)という項目にチェックを入れれば、会社にバレることはありません。

副業を辞める

副業禁止の規定に逆らわずに、実際に副業を辞めてしまうことを選択肢として考えてもいいでしょう。病院の信用に傷をつけるような仕事でない場合、素直に認めて謝ってしまった方が得策です。

変に副業していることを認めずにいると、さらに追及を受ける可能性があります。その場合、弁護士などを相手にする可能性が出てくるので注意が必要です。素直に副業していたことを話して、副業は辞めると言えば、厳重注意だけで済むことがほとんどです。

看護師として経験とスキルが十分に備わっているという自負があれば、その時同時に副業を辞めてしまうと暮らしていけないことを理由にして昇進を要求してみましょう。

副業をおこなう目的は収入を増やすことなので、実際の所得額が増えるのであればそちらのほうが効率的かもしれません。

その病院で働くのを辞める

給与アップの交渉が不調に終わった場合、転職を考えましょう。

看護師は売り手市場なので、看護師として働くならその病院でないとダメという理由はほとんどありません。世の中にはかなりの数の病院があるので、自分の希望する病院に思い切って転職してしまうのも手です。

病院の場合、基本的に副業内容と看護師として働く内容が同じということはありません。そのため、病院で得た知識を使って稼いでいるわけではないはずです。その場合、病院の不利益になるような副業でなければ、病院側が副業を禁止する理由はありません。