看護師のプリセプターの心構えとは?悩みは増えるが、1人で抱え込まないようにしよう

看護師のプリセプターの心構えとは?悩みは増えるが、1人で抱え込まないようにしよう

J
JobStep編集部
公開, 更新 ,

プリセプターとは、先輩看護師が一定期間、新人看護師へ、マンツーマンで指導する教育方法です。看護師になって3、4年ほどするとプリセプターとして、新人看護師の指導を任されることが多いようです。

やっと看護師の仕事に慣れたばっかりで「指導なんてとても無理」と悩む人もいるかもしれません。しかし、先輩プリセプターもそのように悩みながら、新人指導をしてきました。その志を受け継ぎ、一人前の看護師を育てるべく、頑張っていきましょう。

以下では、プリセプターが抱えがちな悩みとのその解決法、プリセプターになるうえでの心構えなどを紹介していきます。

看護師のプリセプターの悩み

教え方がわからない。負担になりすぎる

3、4年の経験しかないと、プリセプターといってもどう教えたらいいかわからないという悩みを抱きがちです。そのような場合は一人で悩まずに先輩看護師に遠慮せず相談しましょう。

自分は指導者というより、新人が気さくに話せる相談役なのだ、と思えばストレスもずいぶん軽くなるはずです。

また、プリセプターは自分が学んできたこと、覚えたことを新人看護師に継承することが目的ですが「新人看護師を自分で何とか育てよう」という意気込みが、役割以上のことを背負い込んでしまい、大きな悩みにつながることがあります。

コミュニケーションに自信がない

相談役になるとしても、新人看護師とのコミュニケーションが取れなければ難しいです。日常から新人の作業をよく観察し、いい点があれば積極的に褒めてあげましょう。

きちんと見てもらえている、ということに新人も安心しますし、あなたとの信頼関係が構築できれば、相談もスムーズに展開します。

一対一のコミュニケーションが難しい時には、周囲の看護師も巻き込むとよいでしょう。悩みや問題が生じてしまった時にそれを2人で解決しようとするのではなく、うまくいかないときは周りに相談をすることも大切です。

新人と相性が合わない

人間ですから、当然相性の良し悪しはあります。しかし、相性が悪いと思う場合は案外、相手のマイナス面ばかりを見ていることが多いです。

そんなときは積極的に相手の良いところを見つけ、こちらから接してみましょう。それがきっかけでいい関係を築けたという事例は多々あります。

新人の失敗に落ち込んでしまう

自分が担当する新人が失敗をしたことを気に病む必要はありません。失敗を繰り返さないためにどうすればいいか、新人と一緒に考えてみてください。その時に、先輩看護師の人にアドバイスを受けることも大切です。

先輩や上司に、新人についての責任を押し付けられる

プリセプターが苦労しているのに、新人看護師側についてしまう先輩や上司もいます。理不尽な責任の押し付けがあまりにもひどい場合は、外部機関への相談や、場合によっては新たな職場を探すことも検討しましょう。

病棟業務外業務が増える

プリセプターとはいっても、あなた自身の業務もあります。新人の指導が日常の病棟業務に加わることで業務が増え、自分の時間が取れなくなってしまうこともあります。自分の業務が疎かにならないよう、業務効率を上げることを常に心がけておきましょう。

新人のミスで、上司に理不尽に怒られる

新人が出した結果であなたが怒られては、納得がいかないかもしれません。しかし、上司は部下の責任を負うべきものでもあります。

今後、マネージャーに昇進していくにあたっても必要となる経験であると考えて、事前にどのように対処しておけば問題を回避できたのかなど、振り返りをしてみましょう。それでも、納得が行かない理不尽な内容であれば外部機関に相談してみるのも一案です。

新人が退職して責任を感じる

指導していた新人看護師が退職してしまったり、これからの将来を期待されていた新人が退職してしまったりすると、責任を感じてしまうかもしれません。しかし、退職は本人の意思の問題です。

新人とはいえ1人の社会人として、看護師となり自身の意思で退職を選んだのですから、あなたが責任を感じる必要はありません。ここは割り切りが必要です。

評価を自分中心としてしまう

プリセプターは意気込みが強い余り、新人看護師の評価も自分中心でおこなってしまいがちです。

どのような組織であっても評価は組織が決めるものですが、組織の判断と乖離が出てプリセプターはその結果を悩みとして抱えてしまうことがあります。

周りと比較してしまう

プリセプターも周囲のやっていることにはつい目を奪われてしまうものです。自分たちができていないことが、他のチームができていることがやがて不安になります。その不安が時間と共に悩みとして顕在化してしまいます。

役割以上のことを背負ってしまう

プリセプターは自分が学んできたこと、覚えたことを新人看護師に、継承することが目的です。しかし、新人看護師は自分が何とか育てるという意気込みが、役割以上のことを背負い込んでしまい、大きな悩みにつながることがあります。

プリセプティの声を聞かない

プリセプターは、プリセプティから助言を受けることがあります。しかし、プリセプターの役割をしっかりとこなしたいと考える人は、助言を聞き入れない場合があります。

結果として、立ち回りに行き詰まってそれが悩みとして顕在化します。

情報交換・情報共有が出来ない

プリセプターとしてコミュニケーションを怠る場合がある人は、つい孤立してしまいがち。

同じ立場の人と情報共有や情報館を行えば解決できる悩みが、孤立しているために解決に至らず、悩みとなってしまいます。

上司への報・連・相ができない

プリセプターは新人看護師の進捗度合いなどを、定期的に上司へ報告することが望ましいですが、それを怠る人もいます。その結果、適切なアドバイスを受けることができず、自分の悩みへと変わってしまいます。

自分も学ぼうとしない

プリセプターも人に教えることで、自分の技術や知識の確認ができる場合も多いですが、緊張感などでそれが出来ない人もいます。

自分が学ぼうとすることで意識の変化も持てるのですが、気持ちの切り替えが出来ずに悩む看護師もいます。

楽しむ気持ちを持てない

プリセプターも一人の看護師です。失敗が許される職種ではありませんが、張り詰めた緊張感を維持したままの仕事も大変な苦労を伴います。

楽しめると思えるところは楽しむと割り切って、気持ちのオン・オフができればよいですが、それが出来ずに悩みとして顕在化することがあります。

プリセプターになるうえでの心構え

できないことを前提で指導をする

看護学校で勉強としてきたとはいえ、新人看護師は看護師と共に実践で働くのははじめてです。ある程度のスキル・技術があると思って接してしまうと、どうしてもできないことに目が向いてしまいます。

それでは適正な判断も難しくなってしまいます。あくまでも、できないことを前提に指導をするようにしましょう。

仕事が楽しくできるように教える

新人は慣れない環境の中、いきなり膨大な業務を覚えていかなくてはいけません。自分も大変だった記憶があるはずです。

まずは楽しく仕事ができるようにサポートしてあげることが大切。仕事を楽しいと思えれば、自主的に行動をしたり勉強としたりするはずです。またお互いにコミュニケーションも取りやすくなるため、新人の成長速度は上がっていきます。

そのためにも、仕事が楽しくできるように、指導をしてあげることが大切です。

自分の価値観を押し付けない

仕事の覚え方や、やり方はそれぞれで異なります。それにも関わらず「自分はこうだったから」と押し付けるのは間違っています。致命的に誤った行為をしていないのであれば、新人のやり方や考えを尊重してあげることも大切といえます。

プリセプターは正しい知識や技術を教えることも重要ですが、最も大切なのは、少しでも早く新人が一人立ちできるようにすることです。言われたことしかできない新人にならないように、注意をしながら指導をすることが大切です。